走行中にもテレビを見たい! カーナビ制限を解除したら法律違反!?

運転中のカーナビ操作

自動車メーカー純正のカーナビの中には、テレビ視聴ができないなど走行中の機能が制限される機種があるが、それを解除したいと考える人も多いと聞く。

しかしながら、このナビ機能の制限解除に違法性はないのだろうか…

スポンサーリンク

はじめに

はじめに運転中のカーナビ操作の違法性を確認しておきたいが、走行中に運転者がナビ画面を注視する行為は道路交通法第71条第5号の5”において禁止されている。

よって、走行中はテレビ視聴はもちろん、画面を注視せずには行えないカーナビの画面操作も交通違反なのだ

画面を注視したら違反!? 運転中のカーナビ操作に注意しよう!
最近の自動車には当たり前のように搭載されているカーナビゲーションシステムだが、使い方を間違えると...

走行中はテレビが見れない、画面操作ができないなど自動車メーカー純正ナビの機能の一部が制限される理由もここにあるが、上記の事情を考慮すれば当然の対応と言える。

なお、社外品(自動車メーカー以外の製造)のナビには特段の制限が設けられないことが多いが、私が以前使用していた機種も状況を問わず常にテレビの視聴が可能であった。

違法性

法律をはじめ、カーナビの制限解除自体を禁止する特段の規定は存在しない

”助手席に乗る人がテレビを見たい”などの理由で走行中のナビ機能制限の解除を希望する方も多いと聞くが、その行為に違法性はなく、全くの合法なのだ。

製品の仕様により走行中の機能が制限されることがあるとは言えその程度は様々だし、全くの制限を受けない機種も販売されているのだから当然と言えば当然なのだが…。

ただし、運転者が走行中に画面を注視する行為は立派な法律違反であるから、制限を解除しても走行中にテレビの視聴や画面操作を行えるのは助手席の同乗者のみである。

運転者がこれらの行為を行うのは道路交通法違反であるから、絶対に行わないようにしよう。

車検への影響

カーナビの制限の解除が車検に与える影響が気になる方もいると思うが、こちらも特に影響はないようだ。

そもそもはじめから走行中のテレビ視聴が可能な機種もあるわけで、当たり前と言えば当たり前だが、余計な心配は不要である。

解除方法

交通違反に発展する可能性がある以上、カーナビの制限解除をディーラーが承諾することはあり得ないので、基本的には自分で作業をすることになる。

一般のナビであれば配線を追加するなどの比較的簡単な作業で制限が解除できることが多く、発生しないに等しいほどの費用で済んでしまうケースもあるようだ。

自動車メーカー純正ナビの場合は少々難しくなるようだが、それでも各車専用のキットを使用することで自力で解除できるとのこと。

ちなみに、動画投稿サイトに実際の作業の様子が投稿されているようなので、興味がある方にはこちらも参照いただきたいと思う。

終わりに

今回は走行中のナビ制限の解除について投稿したが、その行為自体に違法性がないとは言え、走行中に運転者が画面を注視することは立派な交通違反である。

仮に制限解除を行うにしてもこの点をしっかりと認識し、安全運転に努めるようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読まれています。
こちらも読まれています
スポンサーリンク