初心者マークはいつまで? 期間を過ぎたら違反になるって本当!?

初心者マーク

新たに運転免許を取得したドライバーが初心者マークの表示義務を負うことは多くの人の知るところと思うが、今回はその期間について投稿する。

“対象期間を過ぎても初心者マークを付けたままでいると逆に交通違反になる”と言う声も耳にするが、法律を調べてみると意外な答えが…!?

スポンサーリンク

初心者マークとは

あえて確認するまでもないとは思うが、初心運転者が公道を運転する場合に表示するマークを初心者マークと言う。

一般に若葉マークと呼ばれることもあるが、正式名称は初心運転者標識である。

表示期間

初心運転者標識(初心者マーク)について規定するのは道路交通法第71条の5第1項だが、その条文を以下に載せた。

(初心運転者標識等の表示義務)

第84条の第3項の普通自動車免許の交付を受けた者で、当該普通自動車免許を受けていた期間(当該免許効力が停止されていた期間を除く。)が通算して1年に達しないもの(当該免許を受けた日前6ヶ月以内に普通自動車免許を受けていたことがある者その他の者で政令で定めるものを除く。)は、内閣府令で定めるところにより普通自動車の前面及び後面に内閣府令で定める様式の標識を付けないで普通自動車を運転してはならない。

                    道路交通法第71条の5第1項より

ご覧の通り、免許を受けている期間が1年に満たない運転者が公道を走行する場合に初心運転者標識を付けなければならないことが規定されているが、初心者マークの表示が義務付けられる期間は免許を取得してから1年間であることがわかる。

また、条文を読む限り、初心者マークを表示する必要があるのは普通自動車免許を受けた初心運転者に限られると解釈できるが、道路交通法改正により新たに導入される準中型免許を取得した初心運転者が当該自動車を運転する場合にも表示義務があるのでご注意いただきたい。

準中型免許とは!? 法改正の内容と運転できる車の大きさを知ろう!
2007年に自動車の運転免許に”中型免許”が新設されてから10年が経過しようとしているが、今度は...

以前免許を受けていた運転者

新たに普通免許を取得した場合でも、過去に1年以上運転免許を受けていた者は初心者マークの表示を免除される

ただし、免許が失効してから6ヶ月以内に再取得した場合に限られるので、更新手続きを怠り免許の効力が消えてしまった方は早めに対応されるのがよいと思う。

うっかり運転免許を失効した場合の再取得手続きの流れとは!?
不覚にも運転免許の更新を忘れ、免許が失効してしまった経験をお持ちの方もいると思うが、当然のことな...

罰則

初心者マークの表示義務を負う初心運転者がこれを怠った場合は交通違反に問われるが、反則行為名は心運転者標識表示義務違反である。

点数や罰則等の処分については下の表にある通り。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金(円) 罰則
大型 普通 2輪 原付
初心運転者標識表示義務違反 1点 適用なし 6,000 適用なし 適用なし 2万円以下の罰金又は科料

※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができるが、詳細はリンク先ページを参照されたい。

反則金と罰金の違いを解説! 似ているようで中身は全く違う!?
“交通違反で捕まって罰金を取られた”と言う声を耳にするが、ほとんどの場合、それが罰金ではなく反則...

1年以上付けた場合

“初心者マークを一般運転者が付けたら違反になる”と言う声を耳にすることがあるが、残念ながら間違いである。

道路交通法第71条の5第1項にそのような記載が一切ないことがその根拠だが、一般運転者が初心者マークを付けて運転しても何ら問題ないのだ。

初心者マークを表示することで周囲の車が気を遣ってくれる可能性もあり、個人的にはむしろメリットの方が多いと言ってもよいのではないかと思う。

それにしても、なぜこのような誤った認識が広がったのかが気になるところであるが…。

終わりに

今回は、初心者マークの表示期間と一般運転者がこれを付ける行為の是非について投稿した。

とにもかくにも、その表示義務がある運転者の方は確実に初心者マークを表示し、安全運転に努めよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読まれています。
こちらも読まれています
スポンサーリンク