バイクのすり抜けは交通違反? 法律を調べてみると意外な結果に!?

バイク すり抜け

信号待ちや渋滞で停止中に、車の横をすり抜けていくバイクを見かけることが少なくないのだが、これは合法なのだろうか。

疑問に思い法律を調べてみると意外な答えが・・・。

スポンサーリンク

法律上は

驚かれるかもしれないが、道路交通法に”すり抜け”に付いての規定はない

よって、この行為が交通違反になることはなく、当然のことながらこれを取り締まることもできないのである。

”すり抜けは交通違反じゃないから大丈夫”と言う人が少なくない原因もここにあるようだ。

検挙の可能性

すり抜けが違法ではないからと言って信号待ちや渋滞で積極的にこれを行う2輪車がいるが、安易に考えていると検挙される可能性がある

違法でないのになぜ検挙されるのかと不思議に思われる方も少なくないと思うが、すり抜けを行うことで他の交通違反に該当してしまうことが多いのだ。

2輪車のすり抜けに適用される可能性がある交通違反
  • 信号無視
  • 進路変更禁止違反
  • 追い越し禁止違反
  • 通行区分違反
  • 安全運転義務違反

信号無視

すり抜けを行う2輪車は、その行為が終了した後、勢い余って停止線を超えて停止するケースも珍しくない。

極端な場合だと、停止線を大きくオーバーし、横断歩道上に停止することもあるようだ。

これが信号無視に該当することは間違いのないことであるから、現場を警察官に現認されれば、検挙されても仕方がないだろう。

進路変更禁止違反

通行する車両通行帯が進路変更を禁止している場合には、進路変更をすることができない。

わかりやすく言えば、交差点手前で黄色いラインにより通行帯が指定されている場合であるが、ここですり抜けを行なえば、これに違反することになるのだ。

反則行為名はその名の通り、進路変更禁止違反である。

2輪車が前の自動車の前方に抜けようとして進路を変更する様子を警察官に目撃された場合には、この違反行為を問われても仕方がないだろう。

ちなみに、同じ車線内であっても急に進行方向を変えた場合には進路変更に該当するため、黄色のラインを跨ぐことなくすり抜けをした場合にもこれに該当する可能性がある。

追い越し禁止違反

ご存知の通り、交差点とその手前30メートルは追い越し禁止場所である

よって、ここで2輪車がすり抜けを行なえば、追い越し禁止違反に問われる可能性が十分にあるのだ。

追い越しの定義は、”車両が他の車両等に追い付いた場合において、その進路を変えてその追いついた車両の速報を通過し、かつ、当該車両等の前方に出ること”である。

これが、走行中の車両に限ったことなのか、信号待ちで停止中の車両にも該当するのかは解釈が難しいことは事実。

とは言え、信号待ちでの2輪車のすり抜けが追い越しに該当する可能性を完全に否定することはできないと思う。

通行区分違反

”道路交通法第17条”において、車両等は原則として車道を通行しなければならないことが規定されている。

すり抜けを行う2輪車が、車道の左端、具体的には路側帯や路肩を通り、自動車の前方へと抜ける光景を目にすることもあるが、これは立派な交通違反だ。

反則行為名が、通行区分違反になることも覚えておきたいところである。

安全運転義務違反

”ここでもか”と言う印象をお持ちの方もいるかもしれないが、やはり、安全運転義務違反に問われる可能性もある。

”交通の危険を生じされる可能性がある”と判断された場合には、すべてこの反則行為が適用されるといっても過言ではないだけに、すり抜けも十分にその範囲内と言うわけだ。

例えば、警察官に、”停止している自動車との安全な間隔を取ることができない”と言われれば、それまで。

信号待ち等で停止中の自動車の側方の非常に狭いスペースをすり抜ける行為が、安全運転の義務に反すると言われても仕方がないのだ。

少しバランスを崩しただけで周囲の車両に接触してしまうわけだから、そのように判断されるのも当然だと思うが・・・。

終わりに

”これを直接取り締まる法律がないから”と言う理由で、すり抜けを行なっている2輪車のドライバーの方がいれば、是非とも考えを改めて欲しい。

知らぬ間に多くの交通違反を犯している可能性があるし、交通に危険を生じさせる可能性があることを理解するべきだと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク