MC後のアクセラは4WDと2WDで走りの印象がかなり違う!?

アクセラ

2016年7月にマイナーチェンジをしたマツダアクセラだが、今回は、FF車と4WD車の乗り味の違いについて投稿したい。

 

私は両モデルを乗り比べたことがあるので、購入を検討されている方の役に立てればと思う。

スポンサーリンク

はじめに

はじめに、MC後の4WDモデルの設定状況を確認しておきたいが、以下の表を見て欲しい。

グレード エンジン 4WDモデルの有無 駆動方式(4WDモデル)
15C SKYACTIVE-G 1.5 あり AT
15S
15S PROACTIVE
15XD SKYACTIVE-D 1.5

なし

15XD PROACTIVE
15XD L Package
22XD PROACTIVE SKYACTIVE-D 2.2 なし
22XD L Package あり AT/MT
HYBRID-C

SKYACTIVE 2.0+モーター

なし
HYBRID-S PROACTIVE
HYBRID-S L Package

すでにお分かりと思うが、多くあるグレードの中でも4WD車を選択できるのは、1.5Lガソリンモデルと2.2Lディーゼルモデル(L Package)のみ。

以外にも、今回のマイナーチェンジで投入された1.5Lディーゼルモデルには4WD車は用意されていないのだ。

個人的には、この点はマツダの失敗のようにも思える。

強力なトルクを誇る1.5ディーゼルモデルであれば、4WDユニットを搭載することによる車重アップの影響を受けずに済むと思うのだが。

それでいて、トルクに劣る1.5ガソリンモデルに4WD車の設定があると言うのだからよくわからない。

もちろん、これには何らかの理由があるのだろうが・・・。

加速感

1.5Lガソリンモデルについては、FF車と4WD車の乗り味は明らかに違う

より具体的に言えば、4WD車は少々加速が鈍く、FF車の抜群にスムーズな走り出しと比べると少々見劣りしてしまうのだ。

わずかではあるが余計にエンジンを回す必要があるし、その分、エンジン音も大きくなる傾向にある。

もちろん、パワーに不足を感じるわけでないし、他と比べれば十分に静かなのだが、FFモデルの滑らかな加速には及ばないようだ。

これについては、4WDユニットを搭載するため車重が増えていることが原因なのだが、一般人の私がにもはっきりと違いがわかるほど。

結果、FF車の方が4WD車よりも走りの上質さに優れる印象が強い。

ただし、路面状況が悪くなればなるほどその差は小さくなるだろうし、やがてはその差が解消され、両者の立場が逆転することも考えられる。

FF車の場合、悪路では十分なグリップ力を得られない可能性があり、後輪の駆動力を利用できる4WD車の方がスムーズに走り出す場合もあるからだ。

今回の試乗コースは比較的路面状況が良かっただけに、いずれを購入するかお迷いの方にとっては、道路状況が悪いコースでの試乗ができればなおよいと思う。

また、残念ながら2.2Lディーゼルモデルの試乗はできなかった。

とは言え、こちらについては信じ難いほどの強力なトルクを誇るので、4WD車でも加速が鈍るようなことはないだろう。

安全性

濡れた路面や雪路を走行する場合の安心感では、やはり4WD車に軍配が上がる。

よって、大都市など路面状況がよい場所でのご利用が多い方はFF、雪国や道路整備が十分でない地域の方は4WDと言う選択の仕方も妥当かもしれない。

燃費

アクセラ1.5Lガソリン車については、FF車の燃費が20.4km/Lで、4WD車は17.8km/L。

単純に、メーカーが公表する数字だけを見れば、FF車の方が4WD車よりも2.6km/L燃費がよいようだ。

ところが、実際にはそこまでの差が生じないと思われる。

と言うのも、先述の通りFF車の場合、道路状況が悪い状況ではクリップ力が低下するケースも少なくないのだ。

つまりは駆動力のロスが発生するわけで、その分燃費も悪化することに。

そのような場合、4WD車は後輪に駆動力を配分し、その力を利用することで効率良く車を前に進めることが可能。

極端な話、悪路では4WD車の方が燃費が良くなる可能性すらあるのだが、マツダの4WDが目指す究極のゴールがまさにこれの実現なのだ。

4WDユニットを搭載する分車重が重くなり燃費が悪化することは事実だが、駆動力の伝達効率が良くなることもあり、カタログほどの差は生じないと考えてよいと思う。

もともと2.6km/Lしか違わないのだから、燃費の悪化を気にして4WD車を敬遠する必要はないと思う。

終わりに

素晴らしい完成度の車に仕上がっているMC後のアクセラだが、FF車と4WD車の選択は難しい問題だ。

いずれにせよ、まずは試乗してみて、その違いを体感することが大切だと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク