高齢運転者の事故率は低い!? 統計を調べると意外な事実が!

高齢運転者と交通事故

最近、高齢ドライバーによる交通事故がメディアに採り上げられ社会的問題となっているが、彼らによる事故は本当に増えているのだろうか。

今回、詳細な統計を確認したところ意外な事実が明らかになったので早速投稿したい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

交通事故発生件数

年代別交通事故発生状況

警察庁”平成27年における交通事故の発生状況(http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001150496)”より引用

まずは高齢運転者による交通事故の発生件数を確認しておきたい。

上のグラフは平成17年から平成27年に発生した交通事故発生件数をその第1当事者の年代ごとに分類したものであるが、10年間の推移を見ることが可能だ。

これによれば、70~79歳の運転者による事故の発生件数は10年間ほぼ横ばいで、80歳以上の運転者による事故発生件数には上昇傾向が見られる

平成27年に発生した80歳以上の運転者に起因する交通事故の発生件数は14,895件と10年前の平成17年(8,645件)よりも6,350件も多い。

とは言え、ご存知の通り日本は高齢化が加速しており、高齢運転者の数自体が増加していることも事実。

高齢運転者の総数が多ければ事故の発生件数が増加することも当然であるから、この結果だけを根拠に”高齢ドライバーは事故を起こしやすい”と言い切ることは不可能である。

ちなみに最も多く事故を起こしているのは20代で、最近10年間で確実な減少傾向が見られるとは言え、平成27年の事故発生件数は101,753件。

同年に80歳以上の運転者が起こした事故件数(8,645件)の11.8倍にも及ぶ。

交通事故発生率

年代別交通事故発生件数

警察庁”平成27年における交通事故の発生状況(http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001150496)”より引用

各年代ごとに人口も異なれば運転免許保有者数も異なるため、単に年代別の交通事故発生件数を見たところで、事故をこしやすい年代を特定することは難しい

そこで役に立つのが免許保有者10万人あたりの年代別の事故発生状況だが、これは、各年代の運転者による事故発生件数をもとに免許保有者10万人あたりの事故発生件数を算出したもの。

その総数に左右されることなく、各年代のドライバーがどれほどの確率で事故を起こしているのかを知ることができる重要な統計である。

早速これに目を通すと意外な事実が明らかになるが、70~79歳、80歳以上の運転者による事故件数ともに、20~29歳の運転手による事故発生件数よりも少ないのだ。

運転者の年齢 事故発生件数
16~19歳 1,889
20~29歳 1,959
70~79歳 1,260
80歳以上 1,551

平成27年を見れば、70~79歳の運転者による事故件数(1,260件)、80歳以上の運転者による事故件数(1,551件)のいずれも、20代の運転者による事故件数(1,959件)を下回る。

さらに、高齢運転者による事故発生件数(免許保有者数10万人あたり)自体が減少傾向にあることもご理解いただけるはず。

以上のことからも、”高齢運転者が事故を起こしやすい”と言う意見は信憑性に欠けると言わざるを得ないのではないだろうか。

死亡事故の発生率

年代別死亡事故発生状況

グラフは、警察庁”平成27年中の交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取り締まり状況について”より引用

 

高齢ドライバーによる事故発生率が20代の運転者の事故発生率よりも低いことをご理解いただけたと思うが、死亡事故になると少々事情が異なる

上のグラフは免許保有者数10万人あたりの年代別死亡事故発生件数をまとめたものだが、高齢運転者、特に80歳以上による死亡事故の発生件数が非常に高いのだ。

平成27年に80歳以上の高齢運転者が起こした死亡事故は30件で、その他の年代の運転者による死亡事故発生件数を大きく上回る。

このことは高齢運転者に起因する交通事故が死亡事故に発展しやすいことを意味しているが、決して単なる偶然ではないはず。

その因果関係を完全に証明することは困難だが…。

いずれにせよ、高齢運転者による交通事故の発生率自体は決して高ないものの、事故が起これば深刻化する傾向が強いことは覚えておくべき事実と言える。

・平成27年免許保有者数10万人あたりの死亡事故発生状況

運転者の年齢 死亡事故発生件数 運転者の年齢 死亡事故発生件数 運転者の年齢 死亡事故発生件数
16~19 14.36 40~44 3.38 65~69 4.02
20~24 6.23 45~49 3.30 70~74 4.84
25~29 4.64 50~54 3.74 75~79 6.99
30~34 3.35 55~59 4.15 80~84 11.53
35~39 3.23 60~64 3.61 85~ 18.17

終わりに

統計に当たってみることで、必ずしも高齢運転者が交通事故を起こしやすいわけではないことをご理解いただけたと思う。

高齢化が急激に進む現在、より安全性が高い交通制度が求められることは事実だが、高齢運転者の排除を目論むような極端な意見が的外れであることは間違いないようだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読まれています。
こちらも読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク