駐車と停車の違いとは? 駐停車違反とその罰則について解説!

最近は交通規則に関して投稿することが多いのだが、今回は駐停車違反について考えてみることにする。

スポンサーリンク

停車と駐車

駐停車違反について投稿するにあたり、まずは停車と駐車の違いから確認する必要がある。

実際に両者を混同している人も少なくないのだ。

駐車

まずは駐車から見ていこう。

道路交通法には以下のようにある。

この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1~17まで省略)

18 駐車 

車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他理由により継続的に停止すること(貨物の積卸しのための停止で5分を超えない時間内のもの及び人の乗降のための停止を除く。)、又車両等が停止し、かつ、当該車両等の運転をする者(以下「運転者」という。)がその車両を離れて直ちに運転することができない状態にあることをいう。

                        道路交通法第2条より

この条文を見る限りでは、駐車とは具体的には以下のような場合を言うと考えられる。

駐車とは
1、車両等が以下の理由で継続して停止すること

   ① 客待ち、人待ち、荷待ち
   ② 5分を超える荷物の積み卸し
   ③ 車両等の故障

2、運転者が車両等を離れて直ちに運転することができない状態

ポイントとしては、1のケースで、人を待っている状態や車両が故障して車内で救援を待っている状態などのように、運転者が車内にいる場合でも”駐車”に該当すると言うことである

よく、”車内に人が乗っていれば駐車ではなくて停車”と考えている人がいるがそれは正しい理解の仕方ではないと言うことだ

2のケースのように、運転手が車両から離れている場合は”放置駐車”と呼ばれる。

停車

続いては停車について見ていこう。

道路交通法では停車を次のように定義付けている。

この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1~18まで省略)

19 停車 車両等が停止することで駐車以外のものをいう。

                        道路交通法第2条より

先述の”駐車”の定義と照らし合わせると、停車に該当するのは以下のような状態であると考えられる。

停車とは
① 人の乗降のための停止

② 5分を超えない範囲での貨物の積み卸しのための停止

上記の2つの状況以外にも、道路交通法の規定により一時停止しなければならない場面(赤信号等)や警察官の指示によって停止しなければならない場合もこの停車に該当するようだ。

ただし、これらによる停車は、反則行為として設けられている”駐停車違反”の対象外となる

駐停車禁止場所

駐車禁止場所

駐車禁止場所とされるものは以下の通り。

  • 駐車禁止標識や駐車禁止表示がある場所
  • 駐車場や車庫等の自動車専用出入り口から3m以内の場所
  • 道路工事区域の側端から5m以内の場所
  • 火災報知器から半径1m以内
  • 消防用機械器具等の置場、消火用防火水槽、これらの道路に接する出入り口から5m以内
  • 消火栓、指定消防水利の標識が設置されている位置や消火用防火水槽の取り入れ口から5m以内

これらについては、自動車学校や教習所で習うことにはなっているが、忘れている人も少なくないだろうから、しっかりと思い出して欲しい。

駐停車禁止場所

こちらは、駐車も停車も禁止されている場所である。

  • 駐停車禁止の標識や表示がある場所
  • 軌道式内
  • トンネル内
  • 交差点内と交差点の端から5m以内
  • 道路の曲がり角から5m以内
  • 坂の頂上付近、勾配の急な坂
  • 横断歩道、自転車横断帯内とその端から5m以内
  • 踏切内とその端から前後10m以内
  • 安全地帯の左側とその前後10m以内
  • バス、トローリーバス、路面電車の停留場所を表示する標示柱又は標示板から10m以内

こちらについても、覚えるべき項目が多いのでしっかりと見直しておく必要がある。

駐停車違反

上記のような駐車禁止場所、若しくは駐停車禁止場所に駐車や停車すると、”駐停車違反”に問われることになる。

運転者が車を離れ、直ちに運転ができない状態である場合には、”放置駐停車違反”になる。

その場合の処分については以下の通り。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
大型車 普通車 2輪車 原付
駐停車違反 駐車禁止場所等 1点 12,000円 10,000円 6,000円 6,000円 10万円以下の罰金
駐停車禁止場所等 2点 15,000円 12,000円 7,000円 7,000円

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
大型車 普通車 2輪車 原付
放置駐停車違反 駐車禁止場所等 2点 21,000円 15,000円 9,000円 9,000円 15万円以下の罰金 
駐停車禁止場所等 3点 25,000円 18,000円 10,000円 10,000円

駐停車違反はその他の比較的軽微な交通違反とされている”指定場所一時不停止”や”信号無視”よりも、反則金も高めに設定されている。

このことからも、駐停車違反が交通に与える影響は大きいと考えられているのだろう。

終わりに

駐停車禁止区域に駐車してあると、交通の邪魔になることはもちろん、それが原因で事故につながる危険性も否定できない。

安全運転を心がけるのと同じように、駐車、停車に関してもしっかりとルールを守らなければならないのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク