交通違反は現行犯だけ? 後日検挙される可能性もあるの!?

違反

交通違反や危険運転をしている車を見かけることがあるが、周囲に警察官や警察車両がなければ、彼らはそのまま走り去ってしまう。

何とも許し難いことだが、現行犯以外に検挙の可能性はないのだろうか。

スポンサーリンク

法律上は

法律上、交通違反の検挙が現行犯のみであるなどと言うことは、一切定められていない

よって、理論上はその他の刑事事件同様、捜査→逮捕状の請求→後日逮捕となる可能性も十分にあるのだ。

速度超過を取り締まるためのオービスが動作した場合、後日検挙となることはその典型的な例と言えるだろう。

過去には、猛スピードで高速道路を走行する様子を動画投稿サイトに投稿した人間が、その後の捜査を経て逮捕された事例もあるようだ。

現行犯の原則

とは言え、実際のところはやはり現行犯が原則のようだ。

それには、現行犯でなければ交通違反を立証することが非常に困難であると言う理由があるらしい。

映像が残っている場合であれば話は別だが、そうでもなければ捜査が難航するのは必至。

毎回警察がこれをやっていては彼らの処理能力を超えることは想像に難くなく、原則現行犯と言う状況にも納得できるような気がする・・・。

もちろん、見つからなければ交通違反をしてもよいと言うことは絶対にないので、勘違いしないで欲しい。

通報した場合

通報

交通違反や危険な運転をしている車両を見かけると、本当に残念に思うし、警察に通報したくなることも少なくない。

では、実際に通報したら警察が動くのかと言うと、やはりなかなか動いてくれないようだ。

しかしながら、明らかに常軌を逸した危険運転であることを、映像等の証拠を通して証明できれば、可能性はゼロではないと思う。

動画投稿サイトに投稿された危険行為が犯罪として捜査されたことが、それを物語っているはずだ。

交通事故

もちろん、交通事故を起こして現場を逃走した場合には、警察の捜査が行われる。

被害者がいれば”ひき逃げ事件”になるし、物損事故であれば”当て逃げ事件”として処理されるのだ。

同時に交通違反を犯していればそちらも追求されることになるし、事故を起こした者の責任がより強く追求されることは言うまでもない。

万が一交通事故を起こしてしまった場合は、決して現場から逃走せず、被害者の救護を最優先させるとともに、警察官への報告を怠ってはならないのだ。

終わりに

交通違反の検挙は現行犯が原則であることは事実だが、それ故に見られていなければ大丈夫と言わんばかりの危険行為をするドライバーがいることは残念でならない。

せめて、悪質で危険な行為だけでも通報による捜査が行われるようになれば、そのような行為をするドライバーの数も減少するのではないだろうか・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク