重い罰則が!? 免許更新時の質問票に虚偽記載すると大変なことに!

質問票への回答

近年、運転免許の更新時に更新希望者の健康状態について調査するための“質問票”への記入を求められることをご存知だろうか。

今回はその質問内容や虚偽記載をした場合の処分について投稿するので、ぜひ最後までお読みいただければと思う。

スポンサーリンク

質問票とは

この運転免許更新時に記入する質問票とは、各都道府県公安委員会が更新希望者が運転に支障をきたす恐れがある病気を持ち合わせていないかどうかを確認するための書類である。

運転者の急な発作に起因する交通事故の発生が増加していることもあり、運転者の健康状態を把握する目的があるものと思われるが、運転免許の更新希望者がこの質問票の提出義務を負うことも覚えておきたいポイントだ。

質問内容

質問内容は以下の通りだが、質問形式は“はい”と“いいえ”の2択であり、いずれかにチェックを入れる仕組みである。

質問票での質問事項
  • 過去5年間に意識を失ったことがあるか。
  • 過去5年間に病気が原因で身体の全部又は一部が一時的に動かせなくなったことがあるか。
  • 過去5年間に十分な睡眠時間を取っているにも関わらず、日中、眠り込んでしまった回数があるか。
  • 過去1年間に絶えず体にアルコールが入っている状態を3日以上続けたことが3回以上あるか。
  • 過去1年間に医師から飲酒をやめろと助言されているにも関わらず飲酒したことが3回以上あるか。
  • 病気を理由として、医師から、運転免許の取得又は運転を控えるよう助言を受けているか。

いずれかに該当する場合

仮に質問項目のいずれかに該当したとしてもすぐに免許の取り消しが行われるわけではなく、対象者が提出する医師の診断書をもとに各都道府県公安委員会が必要と判断した場合に限り、運転免許の停止や取り消し処分が下される。

病気を理由に免許を取り消されてはたまらないと言う人も少なくないと思うが、公安委員会にはその権限があるし、何よりも事故の防止のために必要な措置であることを考えれば致し方ないところか。

お気持ちはわからないでもないが、虚偽の記載は厳禁である。

虚偽記載と罰則

質問票に虚偽の記載をした場合には、刑事処分を受ける可能性がある

驚かれる方も少なくないと思うが、これに対しては1年以下の懲役又は50万円以下の罰金という重い罰則が設けられているのだ。

目先のことにとらわれ大変な目に遭うことを防ぐためにも、質問事項には正直に回答するようにしよう。

質問票に虚偽記載をした場合の罰則
1年以下の懲役又は30万円以下の罰金

終わりに

運転免許更新時に記入する質問票についてご理解いただけただろうか。

後々厄介なことになるのを避けるためにも、虚偽の記載をすることなく、正直に回答することを心掛けたいところである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読まれています。
こちらも読まれています
スポンサーリンク