ガソリンの入れすぎは要注意! 漏れた場合はどうすればいいの!?

ガソリン給油

燃料タンクの満タンギリギリまで給油しようとガソリンを入れ過ぎ、給油口から溢れてしまった経験を持つ人も多いのではないだろうか。

今回は、その対処法について投稿する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

ガソリンを入れすぎて給油口から溢れてしまうと非常に厄介なことになるが、私たちが普通にガソリンスタンドで給油する場合にはその心配がないことをはじめに確認しておく。

と言うのも、ご存知の通り給油ノズルにはセンサーが付いており、燃料タンク内のガソリンの量が満タンに近付いた時点で自動的に給油が終了する仕組みになっているからだ。

ところが、このオートストップ機能はタンクの空き容量に一定の余裕が残る段階で動作するため、これを知っている人がそこからさらに手動で給油を続け、その結果入れすぎにより給油口からガソリンが溢れ出てしまうことがある。

また、ガソリン缶等にストックしたガソリンを手動ポンプを用いて給油する場合も、操作次第ではやはり入れすぎてしまう危険性があるので十分に注意しなければならない。

溢れた場合

ガソリンが給油口から漏れてしまった場合、これが給油口の周辺のボディやタイヤに付着する確率が高いが、そのまま放置すると塗装がダメージを受けてしまうので、迅速に除去する必要がある。

現場が自宅であれば水でガソリンを洗い流し、その後中性洗剤を使って念入りにボディを洗えば大丈夫だ。

洗浄後もボディにガソリンの臭いが残る場合があるが、このガソリン臭は時間の経過とともに薄れるので、大きな心配は不要である。

ちなみに、給油口ギリギリまで燃料が入っていたとしてもキャップを確実に閉めることができれば特に問題はないので、ガソリンが漏れたからと言ってこれを吸い出す必要はない。

また、自宅以外の場所でトラブルに見舞われた場合は迅速に帰宅する、もしくは洗車場に向かうなどしてなるべく早いうちに洗車をするようにしよう。

準備しておくべき道具

軍手

いざという時のためには、普段から適切な備えをしておくことが望ましい。

備えと言っても特別なことはなく、車にタオルや軍手を積んでおくだけで十分だが、軍手があれば手に汚れが付くのを防ぐことが可能だし、タオルや雑巾があればボディに付いたガソリンを拭き取ることもできる。

また、使用した道具を車内に直接置くことは好ましくないので、ゴミ袋や新聞紙なども用意しておこう。

備考

給油口ギリギリまでガソリンを入れる行為を危険とする意見も多いが、私の経験上、入れすぎによるガソリン漏れ以外のリスクは特にないと思う。

給油口のキャップさえ確実に閉めてしまえばガソリンが溢れることもないし、その他の不具合が発生したこともない。

自動車メーカーはこれを行わないようにアナウンスしており、決して奨励できることではないが、少しでも多くガソリンを入れたい場合は、給油口から溢れ出すことがないよう慎重に操作したいところである。

終わりに

今回はガソリンを入れ過ぎてしまい給油口から漏れた場合の対処法について投稿してきたが、手動ポンプを用いての給油時には特に注意が必要である。

入れすぎないように最深の注意を払うと同時に、万が一の場合は今回ご紹介した方法を参考に迅速に対応しよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読まれています。
こちらも読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク