“新古車”と“未使用車”の意味の違いやメリットをご存知ですか!?

新古車

“新古車”や“未使用車”、“未登録車”と言う言葉を耳にする機会も多いが、皆さんはこれらの意味の違いをご存知だろうか。

今回はその定義を確認するとともに、これらを購入するメリットやデメリットについても考えてみたいと思う。

スポンサーリンク

新古車と未使用車

はじめに結論を言えば、新古車と未使用車の間に意味の違いはなく、両者とも一般には使用されずディーラーによってナンバー登録のみが行われた車のこと言うが、ナンバーが登録されている以上法律上は中古車に分類される点がポイントだ。

ただし、“新古車”については中古車であるにも関わらず新車であるような印象を与え消費者の誤解を招きかねないとの理由から、自動車公正取引委員会によって使用が禁止されてしまった経緯がある。

よって、ディーラーはじめ自動車業界では“未使用車”が用いられるのが一般的であるが、敢えて言うのであればこの点が両者の違いに当たるのかもしれない。

なお、以降使用する表現は、“未使用車”に統一する。

メリット

価格

未使用車を購入する最大のメリットはその価格の安さにあると言えるが、上手くいけば新車よりも10万円以上安く購入できることもある

ただし、新車購入時の値引き額次第では新車を購入した方がお特な場合もあるので、最終的にそれぞれの価格がいくらになるのか、同時に未使用車の状態などをしっかり把握した上でいずれを購入べきかを判断するようにしよう。

納期

新車購入と比べて納期が早いことも未使用車のメリットである。

と言うのも、新車の製造が注文後に開始されるのに対し、未使用車合は既にディラーにあるのだから当然ながら納期が早いのだ。

極端な話をすればその場で契約して1~2日後に納車と言うのも不可能ではないだけに、急いで車が必要な方が自身が求める条件に合う未使用車を見付けたとなれば、これ以上ない好機であると言って間違い無いだろう。

税金負担額の減少

税金の負担が少なくて済むことも未使用車のメリットであるが、車検毎に納付するの自動車重量税はナンバー登録時(初回検査時)にディーラーによって支払われているので、ユーザーがこれを支払う必要がないのだ。

また、ナンバー登録から一定の時間が経過している未使用車については、自動車取得税の額に影響する“残価率”も下がる傾向にあり、その負担額も安くなることが多い。

自動車税と重量税だけじゃない!? 自動車に関する税金9種類を紹介!
私たちが自動車を維持するにあたり、自動車税や自動車重量税を負担していることは皆さんご存知の通りだ...

デメリット

傷・汚れ

未使用車の中には展示車や試乗車として使われていた車も少なくないため、完全な新車を購入する場合に比べてシートが汚れていたりボディに傷が付いていたりするなどのリスクが高くなってしまうことはデメリットの1つである。

それでいてほとんど新車と値段が変わらないのであれば新車を購入した方が良いと判断される場合もあるだけに、未使用車を購入するメッリトがないばかりか損をしてしまう可能性すらあるだけに、十分な注意が必要だ。

仮にその車が試乗車や展示車上がりであることがわかれば、車の状態や走行距離などを詳細にチェックし、価格とも照らし合わせて購入するべきか否かを慎重に判断するようにしよう。

中古車の可能性

残念ながら、完全な中古車を未使用車と偽って販売している業者も一部存在する

正規ディーラーであればまず心配ないと思うが、中古車専門店などで未使用車を購入する場合は注意が必要。

どこの会社とは言わないが、“走行距離が3,000km以内の車は全て未使用車として販売する”という販売店も存在し、極端な話をすれば一般のユーザーによって使用された車が未使用車として販売される可能性も全く否定できないのだ

以上のことからも、中古車専門店で未使用車を購入する場合はその車が販売されるまでの経緯をしっかりと確認し、少しでも不審な点があれば購入を見送るのが賢明だと思う。

各種選択の不可能

未使用車を購入する最大のデメリットがこの点にあると言ってもよいのかもしれないが、注文後に製造が開始される新車とは異なり、グレード、ボディカラー、メーカーオプションなどを選択することができない。

よって、その未使用車に自身が必要とする機能が付いていなかったり、ボディカラーが希望の色とは異なったりする場合が多いにあるのだ。

自身の望む条件にマッチする未使用車が見つかった場合に限っては非常に魅力的な話であるものの、残念ながらその確率はかなり低いと言わざるを得ないのが現実である。

未登録車

新古車と未使用車とは別に“未登録車”と呼ばれる車も存在するが、その名の通りナンバー登録が行われていない車のことを言う。

未使用車とは異なりナンバー登録がされていないのだから法律的には新車の扱いを受け、当然ながら公道を走行することができないため納車時の走行距離が完全な新車と全く変わらないことが最大の特徴である。

しかしながら、ナンバー登録がなされていなくとも展示車として使用することは可能であるため、シートの汚れやボディの傷が存在する可能性については完全に否定することはできない。

購入の際は、例によって状態のチェックを怠らないようにしよう。

終わりに

新古車と未使用車、未登録車のそれぞれの意味やメリットをご理解いただけただろうか。

条件が合えば非常に新車よりも安く購入することができるものの、車の状態や販売に至るまでの経緯が不透明な場合もあるので、これらの車の購入をご検討中の方には慎重にご判断いただきたいと思うところである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読まれています。
こちらも読まれています
スポンサーリンク