路肩と路側帯の違いとは? 法律を調べると意外な事実が!?

路肩

”路肩”や”路側帯”と言う言葉を耳にすることがあるが、道路のどの部分を指すのか、よくわからない人も少なくないと思う。

そこで今回は、両者の定義とその違いについて投稿する。

スポンサーリンク

路肩

法律上の路肩の定義は、道路構造令第2条第12号で確認することができる。

路肩

道路の主要構造部を保護し、又は、車道の効用を保つために、歩道、車道、自転車道または自転車歩行者道に接続して設けられる帯状の道路の部分を言う。

                   (道路構造令第2条第12号より)

なかなか分かり難いが、本投稿の”見分け方”にある画像をご覧になれば、ご理解いただけると思う。

意外と知られていないのだが、道路構造令では、原則として道路には路肩を設けることが義務付けられているのだ。

ただし、歩道、自転車道、自転車歩行者道がある道路において、道路の主要構造部を保護し、又は車道の効用を保つために支障がない場合は、その限りではない。

また、路肩は舗装されない場合があるので、車道とは色が異なることもある。

幅員

路肩の幅員は、最大2.5~最小0.5mだが、私が住むような田舎では最小値のところが多い様に思える。

詳細は以下の表を確認して欲しい。

道路の交通量 交通量 路肩の広さ(m)
高速自動車道及び自動車専用道路 地方部 多い 2.5~1.75
少ない 1.75~1.25
都市部 1.25
一般道 地方部 特に多い 1.25~0.75
多い 0.75~0.5
少ない 0.5
都市部 0.5

通行の可否

路肩の通行は制限されるが、その根拠となるのは、車両制限令第9条である。

(路肩通行の制限)

歩道、自転車道、又は自転車歩行者道のいずれをも有しない道路を通行する自動車は、その車輪が路肩(路肩が明らかではない道路にあっては、路端から0.5メートル、橋又は高架の道路にあっては0.25メートルの部分)にはみ出してははならない。)

                        車両制限令第9条より

自動車の路肩通行が禁止されている事を理解できるが、解釈上、歩道や自転車道が設けられている道路の場合はこの限りではない

これについては、歩行者や自転車はそれらを通行するため、安全に支障はないと言う考えがあるのだと思う。

しかしながら、道路交通法第17条第1項で、車道と歩道の区別がある道路における車両の車道通行が義務付けられているので、結局のところ路肩を通行することは不可能である

なお、自転車が通行するには、全く問題はない。

路側帯

一方で、路側帯の定義は道路交通法に規定されるが、道路交通法第2条第3号の4には以下の様にある。

路側帯

歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない側の道端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路表示によって区画されたものをいう。

                   (道路交通法第2条第3号の4より)

ここで言う道路表示とは、車道の左端の白線(車道外側線)の事を言う。

この条文を読む限りでは、車で進行する場合の進行方向に対して左側の車道外側線の外の部分が路側帯に該当するが、路肩を含む場合もある

今ひとつすっきりとしない気もするが、路肩と路側帯の両者を定義付ける法律が異なるのだから、致し方ないところか・・・。

注意点としては、路側帯は歩道がない道路に設けられることである。

これについては、路側帯が、歩道を設けることができない道路において歩行者の通行のために用意されるものであると考えればよいと思う。

逆を言えば、歩道が用意される道路においては、車道外側線の外側(歩道側)は路側帯ではなく、路肩に該当することになる。

なお、路側帯の幅員は、最小でも0.5mを確保することになっている。

通行

路側帯は、歩道同様に歩行者の交通に供する場所であるから、車両の通行は許されない。

よって、これに違反した場合には当然交通違反に問われるが、反則行為名は通行区分違反である。

また、意外に知られていないのだが、車両が路側帯に進入する場合には一時停止をし、歩行者の通行を妨害しない様にしなければならない(道路交通法第17条第2項)。

なお、軽車両は路側帯を通行することができるので、自転車の通行は可能だ。

駐車

路側帯が設けられている場合も駐車は可能だが、駐車禁止、駐停車禁止場所においては、言うまでもなく不可。

その場合、道路の端から0.75mを空けて駐車しなければならないが、これは人間の肩幅の広さと言われている。

路側帯は歩行者が通行するための場所であるから、自動車の駐車によってそれが妨害されることを防ぐための措置と考えればよい。

路側帯の幅が0.5mの場合は、そこからさらに0.25m右に左の車輪を合わせて駐車することになる。

また、路側帯が広く設けられている場合には車両全体が路側帯の中に収まる可能性もあるが、いずれにせよ、道路の端から0.75mを空けなければならない。

路側帯の種類

路側帯にはいくつかの種類があるが、白線による道路標示の違いで、それを区別することができる。

通常、車道と路側帯を区画する車道外側線は白線1本だが、白線の内側に破線がある場合には、路側帯の内側に駐車することができない。

また、二重実線の場合は、軽車両の通行も禁止されることを意味する。

両者の違い

下の表は、路肩と路側帯の特徴をまとめたものだが、車両や軽車両、歩行者の通行について、両者に大きな違いがないことがわかる。

車道外側線の左側が、路肩、路側帯のいずれの場合でも車両の通行はできず、軽車両と歩行者は通行が可能。

こうして考えれば、両者の明確な違いは、その根拠となる法律を異にすることくらいか。

いずれにせよ、車両は、向かって左側の車道外側線より左側にはみ出すことがない様、努めなければならないのだ。

   根拠となる法律  通行
車両 軽車両 歩行者
路肩 道路構造法 × ※ 注1 ◯ ※ 注2
路側帯 道路交通法 ×

※ 注1:進行方向に対して左側に歩道が設けられている場合は、道路交通法第17条が車両通行禁止の根拠となる

※ 注2:歩道が設けられている場合には、歩道を通行しなければならない。

見分け方

路肩

何かと紛らわしい路側帯と路肩だが、それが路側帯であれば、白線(車道外側線)で車道との間が区切られているはずだ。

よって、これがない場合は路側帯ではないはず。

白線がある場合には、①車の進行方向に対して左側に歩道が設けられていれば路肩、②歩道が設けられていなければ路側帯と考えてよいと思う。

ただし、②については、路側帯の中に路肩が含まれることもある。

ちなみに、上の画像は車の進行方向に対して左側に歩道が設けられているため、車道外側線の左側は路側帯ではなく、路肩に該当する。

終わりに

路肩と路側帯の違いをご理解いただけただろうか。

いずれにせよ、両者ともに車両が通行することはできないので、十分に注意して運転して欲しいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク