北海道はOK!? スパイクタイヤの規制地域と罰則を理解しよう!

雪道/タイヤ

現在、スパイクタイヤの使用が禁止されていることは多くの人の知るところだが、必ずしもそうでない場合があることをご存知だろうか。

今回は、このスパイクタイヤの規制について詳しく見て行きたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

規制内容

スパイクタイヤ規制の根拠は、スパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する法律にあるが、同法第7条を下に載せるので、目を通してもらいたい。

(スパイクタイヤの使用の禁止)

何人も、指定地域内の道路にセメント・コンクリート舗装又はアスファルト舗装が施されている道路の積雪又は凍結の状態にない部分(トンネル内の道路、その他政令で定める道路の部分を除く)において、スパイクタイヤの使用をしてはならない。ただし、消防用自動車、救急用自動車その他政令で定める自動車係るスパイクタイヤの使用については、この限りではない。

         スパイクタイヤ粉じん発生の防止に関する法律第7条より

積雪・凍結道路での使用

条文をご覧になればご理解いただけると思うが、禁止されているのは、”積雪または凍結のない道路”でのスパイクタイヤの使用である。

逆を言えば、雪上や氷上を走行するのであれば、スパイクタイヤを着用しても構わないのだ。

そもそも、スパイクタイヤが規制の根拠はタイヤに打ち込まれたスタッド(釘・金属)部分により路面が削られることによる粉塵被害を防ぐことにある。

よって、その心配がない雪上や氷上での使用が許されることは、納得できる話だと思う。

しかしながら、雪上や氷上を走っているつもりでも、交通量等の影響でそれらが溶け、舗装が見えている箇所を通行することは許されない。

まして、融雪剤等による除雪が行われる可能性を考えても、スパイクタイヤの使用が現実的なものとは言い難いだろう。

とは言え、除雪も追い付かず、冬場中道路が雪に覆われる豪雪地帯であれば、スパイクタイヤを着用しての走行が可能であることを覚えておきたいところである。

対象地域

スパイクタイヤの使用規制が指定された地域に限られることにも注目して欲しいと思う。

スパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する法律第7条冒頭には、”指定された地域内の道路”と記載されているのだ。

これによる対象地域とされているのは、北海道、東北、中部地方の一部などの比較的雪が多い地域だが、詳細は以下のリンク先の環境省のホームページを参照されたい。

スパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律の対象地域/1

スパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律の対象地域/2

※ スパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律の対象地域/3

※ スパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律の対象地域/4

※ スパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律の対象地域/5

※ スパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律の対象地域/6

※ スパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律の対象地域/7

※ スパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律の対象地域/8

※ スパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律の対象地域/9

※ スパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律の対象地域/10

※ スパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律の対象地域/11

※ スパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律の対象地域/12

※ スパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律の対象地域/13

※ スパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律の対象地域/14

※ スパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律の対象地域/15

なお、スパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する法律による地域指定を受けていない地域でも、同じ趣旨を条例にて定めている自治体が存在する

よって、当該地域でスパイクタイヤを装着し、雪や氷がない場所を走行すれば条例違反に問われるので注意しなければならない。

とは言え、法律、条例のいずれの規制も受けない地域においては、理論上はスパイクタイヤの使用が可能であることも事実。

もちろん、それらの地域ではそもそも雪が降らないだろうから、あえてスパイクタイヤを装着する人はいないはずだが。

罰則

スパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律では、これに違反した者に対するの罰則も規定されている。

(罰則)

前条の規定に違反した者は、10万円以下の罰金に処する。

        スパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律第8上より

罰則は10万円以下の罰金だが、その根拠が”道路交通法”ではない以上、反則金が適用されることはない

よって、発見されれば即罰金を納付することになるはずだ。

北海道での規制状況

雪道

ここで気になるのが、北海道でのスパイクタイヤの使用である。

”北海道ではスパイクタイヤを使っても大丈夫”と言う人も多いが、降雪量の多さを考えれば、確かに納得できないわけでもない。

しかし実際には、北海道のほとんどの地域がスパイクタイヤ粉じんの発生防止に関する法律の適用地域に指定されているため、他県同様の規制を受けることになる。

よって、スパイクタイヤを装着して雪や氷に覆われていない道路を走行すれば法律違反に問われることに変わりはないのだ。

ただし、一部ではあるが、道内にはスパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する法律の適用対象外とされている地域も存在する。

それらの地域では、北海道の条例である、北海道スパイクタイヤ対策条例の適用を受けるが、詳細は北海道のホームページを参照して欲しい。

この条例では、スパイクタイヤの規制期間抑制期間の2つが設けられているが、後者においては、必ずしもスパイクタイヤの使用を禁止するものではない。

抑制期間(11~4月)の間はスパイクタイヤが全面禁止されるのではなく、なるべく使わないようにしなければならないと言う努力目標が課せられているに過ぎないのだ。

以上のことから、北海道には、一部ではあるが、冬場にスパイクタイヤを使用しても構わない地域が存在することをご理解いただけると思う。

※ 冬場にスパイクタイヤを使用しても違反にならない地域

まとめ

スパイクタイヤの使用規制について話をまとめると以下のように説明できるが、本投稿の内容を理解していただけたかどうか、確認していただきたい。

スパイクタイヤの使用と規制の要点
  • スパイクタイヤ粉じん発生の防止に関する法律には適用地域が定められている。
  • 都道府県条例において独自の規定を定めている自治体も存在する。
  • 法律、条例のいずれの適用も受けない地域ではスパイクタイヤを使用しても違反にならない。
  • 雪上、氷上を走行するのであれば、いかなる地域でもスパイクタイヤの装着は合法である。

終わりに

冬場のスパイクタイヤの使用が合法とされる地域があることをご理解いただけただろうか。

個人的には、スタッドレスタイヤの性能がさらに向上し、スパイクタイヤの必要性が完全になくなる日が訪れることを期待したい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク