コンパクトカーと軽自動車を比較! 維持費・燃費・走りの違いは?

コンパクトカーと軽自動車

何かと比較されるコンパクトカーと軽自動車だが、両者の間にはどのような違いがあるのだろうか。

今回は、走りや燃費、維持費など様々な項目ごとに比較してみた。

スポンサーリンク

走り

動力性能

動力性能に関しては、当然、エンジン排気量が大きいコンパクトカーに軍配が上がる。

軽自動車のエンジン排気量は660ccであるが、コンパクトカーは1,000~1,500ccと、その差は歴然としている。

コンパクトカーに搭載されるエンジンの排気量は、軽自動車の1.5~2.5倍に相当するのだ。

軽自動車は車重が軽く、実際の加速感においてはコンパクトカーと比べて大差ないように思えるかもしれないが、”パワーウェイトレシオ”の数字を見ればその違い歴然としている。

各車のパワーウェイトレシオを比較! 加速力が良い車はどれ!?
車の加速力の目安を知るための概念としてパワーウェイトレシオと言うものがあるが、これをもとに、各車の加...

特に、登り坂や高速道路での追い越しの場面では、両者の走りに圧倒的な差が出るといって間違いないだろう。

かつて私がダイハツ・ムーヴに乗っていたときには、登り勾配ともなればパワー不足は明らかで、常にストレスを感じながら運転していたことを覚えている。

一方で、コンパクトカーのデミオ・ガソリンモデル(排気量1.3リッター)は全く違う。

平地での発進加速はもちろん、高速道路での追い越しにも十分対応できるし、坂道でも不満を感じることはない。

ターボチャージャー

ターボチャージャー機能が付いた軽自動車であれば、少々事情が異なる。

というのも、この機能を使うことにより、”排気量×1.5倍”の動力性能を得ることが可能になるのだ。

これは、軽自動車であれば、1,000ccのエンジンを搭載する車と同等の動力性能を持つことを意味する。

よって、その車重の軽さも手伝って、コンパクトカーよりも速い何てこともあり得るのだ。

エンジンの出力がアップすることで、高速道路を走行する場合にもゆとりを感じるし、坂道でもだいぶ楽に走行することが可能になる。

同じ軽自動車でもノンターボ車とターボ車ではその動力性能にかなりの差があることを理解しておく必要があるだろう。

車体の安定性

安定感

こちらについては、間違いなくコンパクトカーの方が優れている。

コーナーでの車体の振られ具合や、高速道路での直進安定性において、両者の間に大きな差があることは間違いないと言ってよいだろう。

実際に、私が乗っていたダイハツ・ムーヴで高速道路を時速100km/h走行することはとても出来なかったし、時速80km/hでも怖い思いをしたくらいだ。

一方、現在の愛車であるデミオ・ガソリンモデルは全くそのような不安はない。

コーナーでの安定感、直進安定性共に抜群で、ムーヴに乗っていた時のような不安とは全く無縁である。

もちろん、私が乗っていたムーヴは2007年製だし、2014年製のデミオとは消耗の度合いが違うことを考慮しなければならない。

同時に、コンパクトカーの中でもデミオの出来が突出して良いことも事実だ。

とは言え、現在所有している2013年式のムーヴと比較しても同様の印象を受けることからも、軽自動車が車体安定性で劣ることは間違いのないことだと思う。

乗り心地

乗り心地については、”どちらとも言えない”と言うのが正しい表現であると思う。

足回りのチューニングは各車種ごとに異なる味付けがなされるので、コンパクトカーと軽自動車という単純な比較は通用せず、その車によるとしか言いようがないのである。

例えば、デミオとムーヴの足回りを比較すると、デミオは硬くムーヴは柔らかい。

よって、体に伝わってくる路面からの衝撃については、ムーヴよりもデミオの方が大きくなってしまうことも珍しくないのだ。

表現の仕方次第では、”デミオよりもムーヴの方が乗り心地が良い”とさえ言えてしまう・・。

その一方で、足回りがデミオよりも硬いホンダのN-oneのような車も存在するわけで、こればかりは、それぞれの車のコンセプトに左右されると言わざるを得ないのだ。

燃費

燃費

これに関しても一概には言えず、それぞれの車種を個別的に見ていく必要がある

”エンジンが小さい軽自動車の方が燃費が良いに決まっている”と考える人も多いと思うが、実際はそうではないのだ。

現に、同じ軽自動車でも”スズキ・アルト”のように37km/Lの燃費を誇るものもあれば、N-oneやN-BOXのように20キロ代中盤にとどまる車も存在する。

このあたりの数字になれば、デミオ・ディーゼルやフィットハイブリッドなどのコンパクトカーの実燃費の方がよいということも起こり得るだろう。

やはりこの燃費についても、軽自動車とコンパクトカーと言う括りで考えるのではなく、各車種ごとに個別に見ていく必要があるのだ。

また、メーカー公表値と実燃費が大きく異なるケースも少なくない。

購入を検討している方は、実際に試乗するか、所有している人の体験談をもとに慎重に判断する必要があると思う。

タイプ メーカー 車種 エンジン排気量(cc) 燃費(km/L)
軽自動車 ホンダ N-one NA 658 28.4
ターボ 25.8
N-box NA 658 25.6
ターボ 23.8

ダイハツ

ミラ 658 24.2
ムーヴカスタム NA 658 31.0
ターボ 27.4
タントカスタム NA 658 28.0
ターボ 26.0
ウェイク NA 658 25.4
ターボ 23.8
スズキ ワゴンR 658 33.0
アルト NA 658 37.0
ターボ 25.6
スペーシア NA 658 32.0
ターボ  26.8
コンパクトカー ソリオ  ガソリン車 1,242 24.8
ハイブリッド 27.8
イグニス 1,242 28.0
スイフト  1,242 26.4
トヨタ ヴィッツ  996 24.0
アクア  1,496 37.0
ホンダ フィット ガソリン車  1,317 26.0
ハイブリッド  1,496 36.4
日産 マーチ  1,198 23.0
ノート  1,198 26.2
キューブ  1,498 19.0
マツダ デミオ ガソリン  1,298 24.6
ディーゼル  1,498 26.4

※ 対象車は、全て2WD、ATモデル。

サイズ

タイプ メーカー 車名 全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) 室内長(mm) 室内幅(mm) 室内高(mm)
軽自動車 ダイハツ ミライース 3,395 1,475 1,490 1,920 1,350 1,240
ムーヴ・カスタム 3,395 1,475 1,630 2,080 1,320 1,280
タント・カスタム 3,395 1,475 1,750 2,200 1,350 1,365
ウェイク 3,395 1,475 1,835 2,215 1,345 1,455
スズキ ワゴンR 3,395 1,475 1,660 2,165 1,295 1,265
アルト 3,395 1,475 1,500 2,040 1,255 1,215
スペーシア 3,395 1,475 1,735 2,215 1,320 1,375
N-ONE 3,395 1,475 1,610 2,020 1,300 1,240
N-BOX 3,395 1,475 1,780 2,180 1,350 1,400
日産 モコ 3,395 1,475 1,625 2,135 1,285 1,290
ディズルークス 3,395 1,475 1,775 2,235 1,320 1,400
軽自動車平均 3,395 1,475 1,672 2,128 1,318 1,320
コンパクトカー  トヨタ ヴィッツ 3,885 1,695 1,500 1,920 1,390 1,250
アクア 3,995 1,695 1,455 2,015 1,395 1,175
 ホンダ フィット 3,995 1,695 1,525 1,935 1,450 1,280
日産  マーチ 3,825 1,665 1,515 1,905 1,370 1,270
 ノート 4,100 1,695 1,525  2,065 1,390 1,255
 キューブ 3,890 1,695 1,650  1,950 1,395 1,275
マツダ  デミオ 4,060 1,695 1,500  1,805 1,445 1,210
スズキ  イグニス 3,700 1,660 1,595 2,020 1,365 1,250
ソリオ 3,710 1,625 1,745 2,515 1,420 1,360
スイフト 3,850 1,695 1,500 1,905 1,385 1,225
コンパクトカー平均  3,901 1,685   1,551 2,004 1,401 1,255

取り回し

やはり軽自動車に軍配が上がることは間違いない。

上の表は、各社を代表する軽自動車とコンパクトカーのサイズをまとめたものであるが、軽自動車の方が圧倒的にコンパクトだ

コンパクトカーは軽自動車に対して、”全長で約60cm””全幅で約20cm”ほど大きくなってしまう。

こうして考えても、取り回しにおいて軽自動車に優るものはないと言えるだろう。

ここでで注目されるのが、スズキが誇る2つのコンパクトカーの、ソリオイグニスである。

両車は、一般的なコンパクトカーに対して全長が約30cm、全幅は3~6cm短く、より軽自動車に近いサイズに収まっているのだ。

一方で、他のコンパクトカーと何ら変わらない動力性能を持ち合わせるという、何とも新鮮なコンセプトが非常に魅力的であると思う。

室内の広さ

以外にも、室内の広さについても軽自動車が優っている

上の表をもとに、軽自動車とコンパクトカーの室内長と室内幅、室内高の平均値を算出すればこれが事実であることは明らかだ。

室内長は軽自動車の方が約12cm長く、室内幅はコンパクトカーが約9cm広いものの、室内高においてはやはり軽自動車の方が約6cm高い。

足元と頭上のスペースに影響を与えるのは室内長と室内高であるが、そのいずれも軽自動車が優っているのである。

現に、最近の軽自動車の後席足元スペースの広さは驚くべきものだし、頭上に大きなゆとりがあることも皆の知るところだ。

以上のことからも、居住性において軽自動車に軍配が上がることを認めざるを得ないだろう。

維持費

維持費

クルマを選ぶにあたり、維持費も大変重要なポイントであるが、コンパクトカーと軽自動車の間にはどれほどの負担額の差があるのだろうか。

  排気量 重量 自動車税(年) 軽自動車税(年) 自動車重量税(年) 計(年)
コンパクトカー 1L超~1.5L以下 1トン超~1.5トン以下 34,500円 7,500 42,000円
軽自動車 ~660cc 1トン以下 10,800円 2,500 13,300円

上の表は、コンパクトカーと軽自動車にかかる1年あたりの自動車自動車重量税の額をまとめたものである。

2つの税の合計は、コンパクトカーが年間42,000円であるのに対し、軽自動車が13,300円とかなり安い。

その差額は、”1年あたり28,700円”

この差を小さいと考えるか大きいと考えるかは人それぞれだと思うが、仮に、Aさんがコンパクトカーを20年間乗り続け、Bさんが軽自動車を20年間乗り続けたとしよう。

その間にAさんが負担する自動車税と自動車重量税の合計は840,000円、Bさんの負担額は266,000円になる。

その差は、”574,000円”

これをどのように捉えるのかも人それぞれではあるが、非常に大きな差額であると感じてしまうのは私だけだろうか・・・。

軽自動車の維持費が安いことは、やはり間違いのないことなのだ。

終わりに

様々な視点からコンパクトカーと軽自動車を比較してきたが、この記事を読んで下さった皆さんはいかが思われるだろうか。

やはり、最終的にはユーザーの使い方に合わせた選択をすることになるのだろうが、悩ましい限りだ。

個人的には、”走り”を優先させるのならばコンパクトカー、維持費の安さや取り回しの良さ、室内の広さのと言った”実用性”を優先すれば軽自動車と言うことになるのではないかと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク