安全運転義務違反の内容とは! 事故になれば必ずこの違反に?

運転

”安全運転義務違反”と言う交通違反があるが、いまいち具体的な内容がわからない。

また、交通事故を起こせば必ずこの違反に問われると言う声もあるが果たしてその真偽は。

スポンサーリンク

安全運転義務違反

まずは、安全運転義務違反について書かれてある、”道路交通法第70条”を見てみよう。

(安全運転の義務)

車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

                        道路交通法第70条より

これを読む限りでは、”運転者は、交通の状況を正しく判把握、判断し、ハンドルとブレーキを適切に操作し、事故を起こさないように運転しなければならない”と解釈できる。

”他人に危害を及ぼさないように”とはすなわち事故を起こすなと言うことであると理解して問題ないだろう。

簡単に言えば、”事故を起こさないように安全運転に努めなければならない”と言うことだ。

逆を言えば、事故を起こす危険が生じるような運転をしたとなれば、この違反に問われると言うことである。

罰則

安全運転義務違反に問われた場合の処分は、以下の通り。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
安全運転義務違反 2点 12,000円 9,000円 7,000円 6,000円 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

 ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページで確認して欲しい。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

具体例は

疑問

安全運転義務違反の具体例としては、どのような行為が考えられるのだろうか。

条文の内容自体が極めて抽象的であるので、解釈によっては、様々な行為が違反となる可能性もある。

例えば、脇見運転や片手運転、ペットを抱いての運転が、この安全運転義務違反に問われる可能性は十分にあるだろう。

権力の暴走と言う観点では、あまりよいこととは言えないが、現場の警察官の裁量次第では、あらゆる行為が安全運転義務違反とされかねないとも言える

以下に、安全運転義務違反に問われる可能性がある行為について列挙してみたので参考にして欲しい。

安全運転義務違反に問われる可能性のある行為
  • 必要以上の片手でのハンドル操作 
  • 不必要な急ブレーキ 
  • 明らかなわき見運転
  • 大音量での音楽の再生
  • ペットを抱いての運転

解釈の仕方次第では、何でも違反になりかねないが、常識を逸した行為をしなければまずは大丈夫だろうと言うのが個人的な意見でもある。

交通事故を起こした場合

交通事故

交通事故を起こした場合は、ほぼ間違いなく、この”安全運転義務違反”に問われる

前述の通り、事故を起こしていない段階での違反の判断は極めて曖昧であるが、交通事故を起こしてしまえば、ほぼ確実に安全運転の義務に違反したとみなされてしまうのだ。

それもそのはず、条文をよく読んでみれば、それも納得できる。

もう一度確認してみよう。

(安全運転の義務)

車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない

                        道路交通法第70条より

”他人に危害を及ぼさないように(事故を起こさないように)努めなければならない”と言っているのだから、事故を起こせば、それに違反したとみなされても当然なのだ・・・。

7つの区分

安全運転義務違反には7つの区分があるとれ、事故を起こした場合はこれらのうちのいずれかに違反したとされる。

安全運転義務違反の7つの区分
  1. 操作不適
  2. 前方不注意
  3. 動静不注視
  4. 安全不確認
  5. 安全速度違反
  6. 予測不適
  7. その他

操作不適

ハンドル操作を誤ったり、ペダルの操作を誤ったことが原因で事故を起こしてしまった場合は、この操作不適に該当する。

例えば、”狭い道路で対向車と接触してしまった”と言うケースなどが、この操作不適に該当すると思われる。

前方不注意

前方に存在する危険に注意を払わなかった場合は、この前方不注意に該当する。

”急に子供が飛び出してきて接触してしまった場合”などは、もちろんこれに該当するだろうが、全ての事故に適応可能な気もするのだが・・・

動静不注視

相手の車の動きに注意を払っていなかった場合はこれに該当する。

これもまた、様々なケースで適応されそうだ。

安全不確認

その名の通り、安全の確認を怠った場合はこれに該当する。

優先道路への合流や高速道路での本線合流などで事故に合えば、これが適応されるだろうが、こちらも様々な事例に適応されるだろう。

安全速度違反

こちらは、通常の速度違反とは異なる。

制限速度以内であっても、その状況ごとにふさわしい、安全な速度で走行していなかったと判断された場合がこれに該当する。

例えば、制限速度が50km/hであっても、歩行者の横を通り過ぎる場合などは、より速度を落として走行しなければならないと言うことである。

予測不適

自身が運転する車の速度や、車体の特性を正しく把握していないこと、または、相手の車の速度やその動きの予測を誤った場合はこれに該当する。

よくありがちな、”相手の車が車線変更してくるとは思わなかった”などと言うケースがこれに該当すると思われる。

その他

正直なところ、これについては全くわからないが、上記のいずれにも該当しない場合は、これが適応されるものと思われる。

その他まで用意されているとなれば、事故を起こせば、何かしらの理由で、必ず安全義務違反に問われることも納得できる。

確かに、条文を読む限りでは、事故を起こした運転者がこの違反に問われないと言うこと自体がありえないわけで、妙に納得できるような気もする。

終わりに

交通事故を起こせば、必ず安全運転義務違反に問われると認識して間違いないだろう。

事故を起こさないように努めることはもちろんのこと、少しの危険も生じさせないような運転が求められるのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク