踏切での一時停止で窓を開けないと本当に違反になるの?

踏切 安全確認

教習所で、”踏切では窓を開けろ”と指導されたのだが、一度も実践したことがない。

また、実際に窓を開けている人を見たこともないが、窓を開けての安全確認を怠った場合には交通違反になるのだろうか。

スポンサーリンク

窓を開ける必要性

教習所では、”必ず窓を開けて列車の音を確認しなければならない”と言わんばかりに指導されるが、それには合理性があるのだろうか。

遮断機があれば、警報音とともに信号が点滅するし、遮断機自体も降りてくるので、窓を開けなくても列車の接近を知ることは十分に可能なはずだ。

普通に考えれば、どんな運転手でも常に、踏切を列車が通過する可能性があるという認識を持っているわけで、一時停止すらせずに通過すると言うことはありえないことである。

普通に遮断機、警報器の動作を確認するだけで十分だろう。

交通違反?

踏切

踏切の通過については、道路交通法第33条に定められている。

車両等は、踏切を通過しようとするときは、踏切の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ)で停止し、かつ、安全であることを確認した後でなければ進行してはならない。ただし、信号機の表示する信号に従うときは、踏切の直前で停止しないで進行することができる。

                        道路交通法第33条より

これによれば、踏切の直前、もしくは停止線の直前で停止し、なおかつ安全であることを確認した上で踏切を通過しなければならないことが定められている。

ところが、”窓を開けなければならない”、”窓を開けて列車の音を確認しなければならない”などという文言は一切見受けられない。

つまり、”窓を開けて列車の音を聞く”と言うのは、あくまでも”安全であることを確認”するための”1つの手段に過ぎない”と言うことなのだ。

よって、踏切で一時停止の際に窓を開けなかったところを警察官に目撃されたとしても、それで交通違反に問われることはないのだ。

遮断機がない踏切

踏切

誰にとっても、遮断機があれば窓を開ける必要がないと思えるのは当然であるにも関わらず、教習所では”窓を開けろ”と指導される理由が気になる。

そこで調べてみると、意外なことが明らかになった。

何と、わが国には、”遮断機のない踏切”があるらしいのだ。

日本には、大きく分けて分けて4種類の踏切があるのだそうだが、簡潔にそれらをまとめると以下のようになる。

日本の踏切
  • 第1種:自動遮断機または踏切保安係により、遮断機での交通の遮断が行われるもの
  • 第2種:一部の時間帯のみ、踏切保安係により交通が遮断されるもの
  • 第3種:遮断機はなく、警報器のみが設置されているもの
  • 第4種:遮断機、警報器ともに設置されていない

第4種に関しては、地方のローカル線の踏切に多いらしく、自動車が通行できないような細い道路にあることが多いらしいのだがかなり危険である。

第3種に関しても、警報器のみとなれば、車内にいてはその音が聞こえない可能性も否定できない。

最近の車の防音・遮音対策がここでは不安要因になると言うことかもしれないが、やはり窓を開ける必要があるように思える。

同時に、我々は普段、遮断機の信号の点滅、もしくは遮断機が降りる様子を”視覚的”に捉えることで列車の接近を認知している部分が大きいと言える。

”音”のみで、列車の接近を知るためには、やはり車の窓を開ける必要があるように思える。

よって、教習所での”踏切では窓を開けろ”と言う指導は、極めて合理的なものだったのだ。

終わりに

踏切での事故は、危険なだけでなく、列車の運行を妨げ、多くの人に迷惑がかかってしまうので、絶対に起こしてはならない。

遮断機のない踏切では窓を開け、列車の接近の有無を必ず確認してから通行するようにしなければならない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク