ムーヴカスタムに試乗! 燃費と乗り心地が本当に素晴らしい!

ムーヴカスタム

我が家のムーヴカスタム(5代目)の車検時に、代車として同じムーヴカスタム(6代目)がやって来た。

最新モデルで、ダイハツの最高傑作とも言われている車だが、試乗の様子をレポートしたい。

スポンサーリンク

試乗車

今回試乗したのグレードは“X”で、販売価格は1,404,000円。

全グレードの中でも下位に位置するモデルだが、LEDヘッドライトが搭載されるなど、十分な装備が搭載されている。

駆動方式はFF、変速機はCVTだ。

グレード駆動方式変速機価格(円)備考
RS”Hyper SA Ⅱ”2WDCVT1,625,400ターボ
4WDCVT1,749,600
RS”SA Ⅱ”2WDCVT1,603,800
4WDCVT1,728,000
RS2WDCVT1,539,000
4WDCVT1,663,200
X”Hyper SA Ⅱ”2WDCVT1,490,400NA
4WDCVT1,614,600
X”SA Ⅱ”2WDCVT1,468,800
4WDCVT1,593,000
X2WDCVT1,404,000
4WDCVT1,528,200
X”special”2WDCVT1,350,000
4WDCVT1,474,200

走り

エンジン

軽自動車であるので、エンジン排気量は言うまでもなく660cc以下。

また、今回試乗したモデルはNA(自然吸気エンジン)であるため、数字上、特別魅力的なものははい。

ところが、実際に走らせてみると必要にして十分なパワーを兼ね備えていることがわかるが、少なくとも一般道を走行する上では、全く不満を感じることはなかった。

高速道路での加速、追い越しにはさすがに苦労する場面もあるが、時速80~90km/hでの巡航は全く問題ない

ちなみに、時速100km/hで巡航中のエンジン回転数は2,800回転ほど。

この速度域で3,000回転を切ることは非常に嬉しいことなのだが、室内もとても静かで、快適である。

エンジンタイプ総排気量最高出力最大トルク
水冷直列3気筒12バルブDOHC横置658cc38kW[52PS]/6,800rpm60N・m[6.1kg・m]/5,200rpm

加速

非常にスムーズに加速する。

エンジン排気量こそ660ccであるが、私のようにエコ運転を常とするドライバーにとっては、十分過ぎるほどのパワーを感じた。

何よりも、エンジンの滑らかさとサウンドが素晴らしく良い。

エンジンが悲鳴を上げるように騒がしくなることは全くなく、質の高いサウンドと共に滑らかに加速していく。

後述するが、乗り心地、静粛性ともにとても高いので、非常に上質な加速フィーリングを体感することができるのだ。

この感覚は、下手なコンパクトカーをはるかに凌ぐ完成度の高さであると断言することが可能だと思う。

乗り心地

乗り心地が素晴らしく良い。

車体の安定性、路面からの衝撃対策ともに申し分なく、これまでの軽自動車の乗り心地を完全に超越している。

足回りは柔らかい印象を受けたが、安定性に欠けることは全くなく、運転中の安心感も高い。

路面からの衝撃吸収に関しては、私が所有するデミオやSAIよりもよほど出来が良いと感じたくらいだ。

東日本大震災の影響により路面状況が悪い箇所を通ってみたが、やはり、私が所有する車よりも衝撃が少ない。

我が家にある先代ムーヴでも同じ傾向があるため、ホイールベースやトレッド幅と路面の凸凹の関係によるところが大きいとは思うが、それを差し引いても素晴らしい乗り心地だと思う。

また、最も重いグレードでも900kg(試乗車は830kg)の車重とは思えないほど、車体がどっしりしていることも好印象だ。

重厚感とまでは言わないが、しっとりした乗り味で、安っぽさが全くない。

静粛性

こちらも素晴らしく出来が良いが、室内は非常に静かで、嫌なエンジン音や雑音は一切入ってこない。

強めにアクセルを踏み込んだ場合にはエンジン音が聞こえてくるが、決して嫌な音ではないし、むしろ上質とも思えるサウンドが好印象である。

一旦速度に乗ってしまえば、時速100km/hで巡航中でもエンジン音は全くと言ってよいほど聞こえない。

停止中にアイドリングストップが動作している間は、静かな室内にいるような感覚を覚えるほど静かだ。

静粛性についても、残念なレベルのコンパクトカーよりもはるかに優れているし、デミオと比べても引けを取らないのではないかと思えるほどの出来である。

燃費

こちらも十分に満足することができる。

メーカー公表値は、31.0km/L(4WD車は27.6km/L)で、スズキのワゴンRには及ばないようだが大変魅力的な数字だ。

実燃費も大変よく、郊外の道路を普通に流しているだけで、25~6km/Lの数字をコンスタントに記録する。

高速道路を時速100km/hで巡航していても、23~24km/hを下回ることはなかった。

大渋滞に巻き込まれた場合には10~11km/Lと数字が落ち込むが、こればかりは致し方ないところだと思う。

デザイン

外観

ムーヴカスタム

ムーヴカスタム

内装

ムーヴカスタム 内装ムーヴカスタム内装ムーヴカスタム内装

ムーヴカスタム内装

室内

ムーヴカスタム後席

ムーヴカスタムラゲッジ

ユーティリティーも抜群だ。

特に後席膝前スペースは大変広く、私が座った場合、拳6つ以上の広大な空間が確保されることを確認した。

頭上も広く、天井に頭をぶつける心配もないが、デミオ乗りからすれば羨ましい・・・。

これまで通りユーティリティーに関しては抜群だが、これに走りの良さが加わったのだから、言うことなしである。

価格

グレード駆動方式変速機価格(円)備考
RS”Hyper SA Ⅱ”2WDCVT1,625,400ターボ
4WDCVT1,749,600
RS”SA Ⅱ”2WDCVT1,603,800
4WDCVT1,728,000
RS2WDCVT1,539,000
4WDCVT1,663,200
X”Hyper SA Ⅱ”2WDCVT1,490,400NA
4WDCVT1,614,600
X”SA Ⅱ”2WDCVT1,468,800
4WDCVT1,593,000
X2WDCVT1,404,000
4WDCVT1,528,200
X”special”2WDCVT1,350,000
4WDCVT1,474,200

最も安いモデルのX”special”でも、乗り出し価格で160万円前後に達するので、抜群に安いと言う印象はない

最上級グレードでは200万円を超えるくらいなので、価格だけをみれば高い印象すらある。

しかしながら、車がここまで完成度が高い出来に仕上がっていることを考えれば、十分に納得することができるのではないだろうか。

これまでの軽自動車にありがちな、価格だけが先行して中身が伴わないと言うことは全くないと断言してもよい。

少なくとも、いい加減なコンパクトカーに200万円近くを支払うのであれば、こちらを選択した方がはるかに良い買い物をすることができるはずだ。

終わりに

ダイハツの最高傑作とも言われている今回のムーヴカスタムだが、実際に試乗してみて改めてその素晴らしさを体感することができた。

軽自動車だからとバカにできないことはもちろんだが、多くのコンパクトカーがすでに追い越されていると言っても過言ではないだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク