オールシーズンタイヤとは? 雪道や凍結路面での走行性能は大丈夫?

オールシーズンタイヤ

12月に入り、既にスタッドレスタイヤへの交換を済ませたドライバーも多いと思うが、今回は年中通して使用可能と言われるオールシーズンタイヤについて投稿する。

雪道での走行性能などを詳しく見ていくので、是非とも最後まで読んで欲しいと思う。

スポンサーリンク

オールシーズンタイヤとは

オールシーズンタイヤとは、その名の通り季節を問わず、年中使用することができるタイヤを言う。

詳しくは後述するが、夏タイヤと冬タイヤの性能を併せ持つことが特長だ。

夏と冬の気候の変化が大きい日本では、ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤを使い分けることが一般化しているため、あまり馴染みがないタイヤと言えるかもしれない。

これに対し、天候が急に変わることも珍しくないアメリカや欧州では予期せぬ積雪に対応する必要があり、このオールシーズンタイヤの需要が大きいと言われている。

性能

オールシーズンタイヤは季節を問わずに年中使用することが可能だが、夏タイヤと冬タイヤの両方の性質を併せ持つことが特長である。

夏タイヤは乾燥路で最大限の走行性能を発揮するが、雪上や氷上では全く役に立たない。

一方、スタッドレスタイヤは雪上や氷上での走行性能が高いものの、乾燥路でのロードノイズや水で濡れた路面でのグリップ力に少々不安が残る。

そこで、可能な限り夏タイヤの長所を損なうことなく、スタッドレスタイヤの性能をプラスしようと言う試みのもとで生まれたのがオールシーズンタイヤなのだ。

ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの中間の性能を持つタイヤと言うことも可能だが、下の表に目を通していただければ、その性質をご理解いただけると思う。

  スタッドレスタイヤ オールシーズンタイヤ ノーマルタイヤ
乾燥路
濡れた路面
雪道 ×
凍結 ×

雪道での走行性能

最も気になるのがオースシーズンタイヤの雪上での走行性能だが、雪道でも問題なく走ることができるようだ。

動画で使用しているのは”GOOD YEAR/Vector 4seasons Hybrid”だが、本当に見事な仕上がりで、スタッドレスタイヤとほとんど遜色ない実力を持つことがわかる。

さらに、乾燥路やウェットな路面での安定性ではスタッドレスタイヤを大きく上回るだけに、それほど多く雪が降らない地域ではこちらの方が効率がよいはず。

降雪量の少ない地域では、わざわざ夏タイヤと冬タイヤを交換することを面倒に思う人も多いだろうし、オールシーズンタイヤに適しているのではないだろうか。

氷上での走行性能

雪上でのパフォーマンスが高い一方、凍結した路面での走行性能では、オールシーズンタイヤはスタッドレスタイヤに大きく劣ってしまう

上の動画をご覧いただきたいが、氷上を安心して走行できるとは言い難いだろう。

よって、アイスバーン状態の道路を通る機会が多いのであれば、やはりスタッドレスタイヤを選択するかチェーンを装着するのが望ましいと言える。

とは言え、動画にあるようなシビアコンディションを経験する地域はそう多くないだろうから、使用する場所の気候とよく相談の上判断したいところだ。

製造メーカー

グッドイヤーやダンロップなど、幾つかのメーカーがオールシーズンタイヤを製造販売しているが、それぞれの特徴を簡潔に紹介する。

オースシーズンタイヤを製造しているメーカー
  • グッドイヤー
  • ダンロップ
  • ブリジストン
  • 東洋タイヤ
  • ミシュラン

グッドイヤー

オールシーズンタイヤ/グッドイヤー※ 上の画像は、グッドイヤーさんHP(http://www.goodyear.co.jp/products/tires/4seasons/4seasons.html)より引用

オールシーズンタイヤの中で最も有名なのが、GOOD YEAR/Vector 4seasonsである。

グッドイヤーは他のどのメーカーよりもオールシーズンタイヤに力を入れているだけに、その完成度は見事だ。

先ほどの動画をご覧になられた方はその性能を理解されたと思うが、雪上での走行性能については、スタッドレスタイヤとほとんど遜色ない。

ちなみに、グッドイヤーの製品は、純正なスタッドレスタイヤでも乾燥路での走行性能を重視する印象があるが、やはりオールシーズンタイヤの影響を受けているのだろうか。

ダンロップ

オールシーズンタイヤ/ダンロップ

※ 上の画像は、ダンロップさんHP(http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/4×4/at3/)より引用

ダンロップもオールシーズンタイヤを製造しているが、このGRANDTREK AT3”は、SUV専用のタイヤらしい。

また余談になるが、ダンロップのスタッドレスタイヤもグッドイヤー同様に乾燥路面での走行を重視しているような印象を受けることがある。

ブリジストン

オールシーズンタイヤ/ブリジストン

※ 上の画像は、ブリジストンさんHP(http://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2013052701.html)より引用

スタッドレスタイヤの性能の良さが売りのブリジストンも、オールシーズンタイヤを製造している。

これには少々驚いたが、やはり純正スタッドレスタイヤとは一線を画しているようだ。

よって、シビアコンディションの中を走行する機会が多い方は、本来のスタッドレスタイヤを選択するのがよいと思う。

東洋タイヤ

オールジースンタイヤ/東洋タイヤ

※ 上の画像は、東洋タイヤさんHP(http://toyotires.jp/catalog/cft.htmlより引用

こちらは、東洋タイヤが製造するオールシーズンタイヤ、CFtである。

ノーマルタイヤ同様の乾燥路とウェット路面での走行パフォーマンスに加え、雪道への対応力を持つ優れたタイヤなので、ぜひお勧めしたい。

ミシュラン

欧州のタイヤメーカーのミシュランもオールシーズンタイヤを製造している。

よりシビアな天候の変化に対応する必要があるヨーロッパでの実績は非常に魅力的たが、商品ラインナップが豊富なことも嬉しいところだ。

終わりに

オールシーズンタイヤが、乾燥路や濡れた路面はもちろん、雪上でも高い走行性能を発揮することをご理解いただけただろうか。

冬に何度か雪が降るがその量はわずかで凍結の心配もない地域では、積極的に購入を検討してもよいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読まれています。
こちらも読まれています
スポンサーリンク