交差点で緊急自動車が接近した時は徐行!? それとも一時停止?

緊急自動車

緊急車両の優先については誰もがご存知のことと思うが、今回は交差点付近で緊急車両が接近してきた場合の対処法について投稿する。

交差点内部やその手前など状況ごとの正しい対応の仕方を解説するので、ぜひ最後までお読みいただきたいと思う。

スポンサーリンク

緊急車両の優先

一般車両の運転者は緊急車両の通行を優先させる義務を負うが、具体的な対応は緊急自動車が接近する場所によって異なる

そこでその根拠となる道路交通法第40条を載せるので、これを見ながら各状況ごとの正しい対処法を確認したい。

(緊急自動車の優先)

1 交差点又はその附近において、緊急自動車が接近してきたときは、路面電車は交差点を避け、車両(緊急自動車を除く。以下この条において同じ。)は交差点を避け、かつ、道路の左端に(一方通行となつている道路においてその左端に寄ることが緊急自動車の通行を妨げることとなる場合にあつては、道路の右側。次項おいて同じ。)によつて一時停止しなければならない。

2 前項以外の場所において、緊急自動車が接近してきたときは、車両は、道路の左端によつて、これに進路を譲らなければならない。

                         道路交通法第40条より

交差点の手前

交差点の手前で緊急車両が接近してきた場合は、交差点へ進入せずに道路の左端に寄って停止するのが正しい対応の仕方である。

交差点内への進入が許されない状況だけに徐行では不十分であり、確実に一時停止しなければならないことがポイントだ。

片側2車線道路の右側の通行帯(追越車線)を走行している場合は迅速に左側車線へ移動し、緊急自動車のために右側車線を空けることが望ましいが、渋滞しているなどの交通の状況次第ではそれが困難なケースもある。

その場合はとにかく緊急車両の通行の邪魔にならないよう臨機応変に対応したいところだが、緊急車両のマイクによる指示を受けた時はそれに従うようにしよう。

交差点内

交差点内で緊急自動車が接近してきた場合には交差点を出てから道路の左側に寄って停止しなければならないが、交差点の手前の場合と同様に徐行では不十分である。

交差点内にとどまることは許されず、一刻も早く交差点外へ脱出すべく迅速に対処したいが、前が進まないなどの理由でそれが困難な場合にも緊急自動車の進行を妨害することがあってはならない。

現場の状況次第では困難を極めるかもしれないが、とにかく緊急自動車の通り道を空けるべく努力するしかなさそうだ。

その他の場所

交差点以外の場所を通行中に緊急車両が接近した場合は道路の左端によって進路を譲ることになるが、必ずしも一時停止する必要はない

法律上は特に徐行する必要もないのだが、安全を考慮すればやはり走行速度を落とすのが望ましいことは明らかであり、確実な対応が求められる。

終わりに

今回は交差点付近で緊急車両が接近した場合の対応について投稿してきたが、交差点を避け、緊急自動車の通行を妨害しないことが最優先事項となる。

交差点の手前にいる場合は内部へ進入せず、既に交差点内にいる場合には迅速に外へ脱出して一時停止するようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読まれています。
こちらも読まれています
スポンサーリンク