“刑事・行政・民事” 交通事故を起こした場合の3つの責任と処分とは!?

責任に追われる

不本意ながら交通事故を起こしてしまい、これから自身が受ける処分について不安を感じられる方もいると思う。

今回は事故を起こした運転者が負う3つの責任と処分について投稿するので、ぜひ最後までお読みいただきたい。

スポンサーリンク

3つの責任

交通事故を起こした運転者は①刑事責任、②行政責任、③民事責任の3種類の責任を負うことになる。

簡潔に言えば、刑事責任は懲役や罰金等の刑事罰に服すること、行政責任(行政処分)は免許の停止や取り消し処分を受けること、民事責任は相手方への賠償責任のことを言うが、それぞれの詳細は以下で解説する通り。

交通事故を起こした運転者が負う責任
  • 刑事責任…懲役や罰金等の刑事罰を受けること 
  • 行政責任…免許の停止や取り消し処分を受けること
  • 民事責任…相手方への賠償(治療費や損壊物の弁済)

刑事責任

交通違反を犯すことは道路交通法に、交通事故を起こすことは自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律に違反するに他ならない。

これらの法律では各規定に違反した者に対する罰則が定められているため、事故や違反を起こした運転者はそれに従い処分されるが、これを刑事処分と言う。

例えば、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律では、自動車の運転を誤り人を死傷させた場合の罰則を“7年以下の懲役又は100万円以下の罰金”と定めており、人身事故を起こした者はこの範囲内での量刑を受けることになる。

刑事罰を受けると言うことは犯罪を犯したことに他ならず、当事者に前科が付いてしまうだけに、事故を起こさないよう安全運転に努めたいところだ。

なお、交通違反に対しても罰則規定が存在するが、軽微な交通違反の場合に限り反則金を納付することで刑事処分を免れることができる仕組み(交通反則通告制度)が採用されているため、よほど悪質な違反を犯した場合を除いて懲役や罰金刑に処せられることはない。

反則金と罰金の違いを解説! 似ているようで中身は全く違う!?
“交通違反で捕まって罰金を取られた”と言う声を耳にするが、ほとんどの場合、それが罰金ではなく反則...

行政責任

交通違反や交通事故を起こした者は行政上の責任も負うことになるが、それを根拠に課せられる処分を行政処分と言う。

行政処分とは具体的には点数制度のことであり、違反や事故を起こした運転者に対し規定の加点を行い、その累積が一定に達した場合に当事者の免許の効力を停止させたり取り消したりするものである。

運転免許の停止・取消し処分になる点数と欠格期間を理解しよう!  
交通違反で検挙された経験をお持ちの方もいると思うが、場合によっては免許の効力が停止されたり取り消...

簡単に言えば、“頻繁に違反や事故を起こすような人物に車を運転されては困るからその免許の効力を停止あるいは取り消してしまおう”と言う趣旨とお考えいただきたい。

事故により点数が加算されるのは死傷者が発生した場合(人身事故)のみであるが、負傷者の怪我の程度によっては、多くの点数が加算される可能性がある。

なお、先述した反則金の納付も一般には行政処分に該当すると考えられているようだ。

民事責任

交通事故を起こした場合は、刑事責任と行政責任に加え民事責任も負わなければならない。

つまりは相手方への賠償のことだが、具体的には負傷者への慰謝料損壊させた器物の弁済などがこれに該当する。

費用は保険で賄うことが可能だが、最近では任意保険未加入のドライバーが増えているらしく、最悪のケースに発展することも少なくないようだ。

事故の被害を受けたにも関わらず、相手に賠償能力がないために泣き寝入りするしかないという事態だけは何としても避けたいところであるが…。

点数と反則金

一般違反行為

反則行為反則点数酒気帯び点数反則金(円)
0.25未満0.25以上大型車普通車2輪車原付
酒気帯び運転0.25mg以上25  該当せず          3年以下の懲役又は50万円以下の罰金  
0.15m以上0.25mg未満13
共同危険行為等禁止違反252年以下の懲役又は50万円以下の罰金   
無免許運転253年以下の懲役又は50万円以下の罰金   
過労運転等253年以下の懲役又は50万円以下の罰金   
大型自動車無資格運転1219256ヶ月以下の懲役又は10万円以下の罰金   
仮免許運転違反1219256ヶ月以下の懲役又は10万円以下の罰金   
無車検運行等616256ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金   
無保険運行616251年以下の懲役又は50万円以下の罰金   

速度超過

一般道

50km/h以上   12 1925

6ヶ月以下の懲役又は10万円以下の罰金

40km/h以上50km/h未満61625
35km/h以上40km/h未満61625
30km/h以上35km/h未満61625
25km/h以上30km/h未満3152525,00018,00015,00012,000
20km/h以上25km/h未満2142520,00015,00012,00010,000
15km/h以上20km/h未満1142515,00012,0009,0007,000
15km/h未満1142512,0009,0007,0006,000
高速道50km/h以上 1219256ヶ月以下の懲役又は10万円以下の罰金
40km/h以上50km/h未満 61625
35km/h以上40km/h未満3152540,00035,00030,00020,000
30km/h以上35km/h未満3152530,00025,00020,00015,000
25km/h以上30km/h未満3152525,00018,00015,00012,000
20km/h以上25km/h未満2142520,00015,00012,00010,000
15km/h以上20km/h未満1142515,00012,0009,0007,000
15km/h未満1142512,0009,0007,0006,000
積載物重量制限超過 大型等10割以上 616253ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
大型等5割以上10割未満3152540,000該当せず   
普通等10割以上  31525該当せず35,00030,00025,000
大型等5割未満  2142530000該当せず   
  普通等5割以上10割未満21425該当せず30,00025,00020,000
普通等5割未満  11425該当せず25,00020,00015,000
放置駐車違反駐停車禁止場所等3  該当せず                
駐車禁止場所等2
保管場所法違反道路使用3        
長時間駐車2
警察官現場指示違反214253ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金 
警察官通行禁止制限違反214253ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金    
信号無視赤色等2142512,0009,0007,0006,000
点滅214259,0007,0006,0005,000
しゃ断踏切立入り違反2142515,00012,0009,0007,000
整備不良 制動装置等2142512,0009,0007,0006,000
尾灯等114259,0007,0006,0005,000
 通行区分違反2142512,0009,0007,0006,000
 高速自動車国道等車間距離不保持違反2142512,0009,0007,0006,000
 追越し違反2142512,0009,0007,0006,000
 歩行者側方安全間隔不保持等21425 9,0007,0006,0005,000
 急ブレーキ禁止違反214259,0007,0006,0005,000
通行禁止違反214259,0007,0006000,5,000
歩行者用道路徐行違反214259,0007,0006,0005,000
 踏切不停止等違反2142512,0009,0007,0006,000
法定横断等禁止違反 214259,0007,0006,0005,000
 路面電車後方不停止214259,0007,0006,0005,000
優先道路通行車妨害等 214259,0007,0006,0005,000
交差点安全進行義務違反 2142512,0009,0007,0006,000
 横断歩行者等妨害等2142512,0009,0007,0006,000
徐行場所違反214259,0007,0006,0005,000
指定場所一時不停止214259,0007,0006,0005,000
安全運転義務違反2142512,0009,0007,0006,000
幼児等通行妨害214259,0007,0006,0005,000
安全地帯徐行違反214259,0007,0006,0005,000
騒音運転等214257,0006,0006,0005,000
携帯電話使用等交通の危険2142512,0009,0007,0006,000
保持114257,0006,0006,0005,000
消音器不備214257,0006,0006,0005,000
高速自動車国道等措置命令違反214253ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金   
本線車道横断等禁止違反2142512,0009,0007,0006,000
高速自動車国道等運転者遵守事項違反2142512,0009,0007,0006,000
車間距離不保持114257,0006,0006,0005,000
免許条件違反214259,0007,0006,0005,000
番号標表示義務違反21425別途参照  6,0005,000
混雑緩和措置命令違反114255万円以下の罰金    
通行許可条件違反114256,0004,0004,0003,000
通行帯違反114257,0006,0006,0005,000
 路線バス等優先通行帯違反114257,0006,0006,0005,000
 軌道敷内違反114256,0004,0004,0003,000
 道路外出右左折方法違反114256,0004,0004,0003,000
 道路外出右左折合図車妨害114257,0006,0006,0005,000
 指定横断等禁止違反114257,0006,0006,0005,000
進路変更禁止違反114257,0006,0006,0005,000
追いつかれた車両の義務違反114257,0006,0006,0005,000
乗合自動車発信妨害114257,0006,0006,0005,000
割込み等114257,0006,0006,0005,000
 交差点右左折方法違反114256,0004,0004,0003,000
 交差点右左折等合図車妨害114257,0006,0006,0005,000
 指定通行区分違反114257,0006,0006,0005,000
交差点優先車妨害114257,0006,0006,0005,000
緊急車妨害等114257,0006,0006,0005,000
交差点等進入禁止違反114257,0006,0006,0005,000
無灯火114257,0006,0006,0005,000
減光等義務違反114257,0006,0006,0005,000
合図不履行114257,0006,0006,0005,000
合図制限違反114257,0006,0006,0005,000
警音器吹鳴義務違反114257,0006,0006,0005,000
乗車積載方法違反114257,0006,0006,0005,000
定員外乗車114257,0006,0006,0005,000
積載物大きさ制限超過114259,0007,0006,0005,000
積載方法制限超過114259,0007,0006,0005,000
制限外許可条件違反114256,0004,0004,0003,000
牽引違反114257,0006,0006,000 該当せず
原付牽引違反11425該当せず   3,000
転落等防止措置義務違反114257,0006,0006,0005,000
転落積載物等危険防止措置義務違反114257,0006,0006,0005,000
安全不確認ドア開放等114257,0006,0006,0005,000
停止措置義務違反114257,0006,0006,0005,000
初心運転者等保護義務違反114257,0006,0006,000 
座席ベルト装着義務違反11425反則金なし      
幼児用補助装置使用義務違反11425
乗車用ヘルメット着用義務違反11425
大型自動2輪車等乗車方法違反21425該当せず  12,000該当せず 
初心運転者標識表示義務違反11425 該当せず4,000該当せず  
最低速度違反114257,0006,0006,000該当せず
本線車道通行車妨害114257,0006,0006,000該当せず
本線車道緊急車妨害114257,0006,0006,000該当せず
本線車道出入方法違反114256,0004,0004,000該当せず
牽引自動車本線車道通行帯違反114257,0006,000該当せず  
故障車両表示義務違反114257,0006,0006,000 
仮免許練習標識表示義務違反114257,0006,000該当せず  
  • 反則点数と反則金=行政処分 、懲役・罰金=刑事処分
  • 悪質な反則行為には反則金が適応されず懲役・罰金等の刑事処分に処せられる(黄色の部分)

特定違反行為

違反行為反則点数刑事罰
運転殺傷等運転殺人62殺人罪や殺傷罪の量刑による      
運転傷害治療期間3ヶ月以上又は後遺傷害55
治療期間30日以上51
治療期間15日以上48
治療期間15日未満45
建造物損壊45
危険運転致傷危険運転致死621年以上の有期懲役
危険運転致傷治療期間3ヶ月以上又は後遺傷害5515年以下の懲役
治療期間30日以上51
治療期間15日以上48
治療期間15日未満45
故意道路外致死傷  故意道路外致死 該当なし      
故意道路外致傷   治療期間3ヶ月以上又は後遺傷害 
治療期間30日以上 
 治療期間15日以上
治療期間15日未満
酒酔い運転355年以下の懲役又は100万円以下の罰金 
麻薬等運転35 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金 
救護義務違反   運転者の無過失が明らかな場合35 5年以下の懲役又は50万円以下罰金 
人の死傷が当該運転者の運転に起因する場合10年以下の懲役又は100万円以下の罰金
  • 反則点数=行政処分、懲役・罰金=刑事処分
  • 酒酔い運転”、“麻薬等運転”以外は、交通事故を起こした場合に適用される
  • 悪質な交通違反、または交通事故を起こした場合は反則金制度は適応されない(灰色の部分)

終わりに

交通違反や事故を起こした運転者が負う3つの責任をご理解いただけただろうか。

兎にも角にも、これらのいかなる処分を受けることもないよう、安全運転に努めたいところである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク