交通違反!? 自転車のベルを鳴らすと検挙される可能性も!

自転車 ベル

歩行者に注意を促す目的でベルを鳴らしている自転車を見かけることが多いが、これは交通違反になるらしいのだ。

うっかり鳴らしてしまうと、検挙され、罰金刑になる可能性も・・・。

スポンサーリンク

警音器使用制限違反

むやみに自転車のベルを鳴らす行為は、”警音器使用義務違反”に問われる可能性がある。

根拠となるのは、”道路交通法第54条第2項”であるが、条文を以下に乗せたので目を通して欲しい。

(警音器の使用等)

車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。

一 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。

二 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしがきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。

2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りではない。

                        道路交通法第54条より

この条文では、警音器を鳴らさなければならないケースについて規定されていると同時に、必要な場面以外でこれを使用することを禁止する旨が書かれている。

自動車の警音器と言えば、”クラクション”のことであり、これをむやみに鳴らしてはいけないことは多くの人の知るところだと思う。

重要なのは、自転車のベルが”警音器”に該当し、”危険を防止するためやむを得ないとき”を除いて、これを使用してはならないということだ。

条文に、”自転車以外の軽車両を除く”とあり、自転車が自動車と同じくこの条文の適用を受けることは言うまでもないことである。

”危険を防止するためやむを得ないとき”の解釈が曖昧であることは事実であるが、”原則としてベルを鳴らしてはならない”という認識を持つ必要があるだろう。

罰則

警音器使用制限違反の罰則は以下の通りだが、自転車であるから、点数制度は適用されない。

また、自転車の交通違反に対しては、”反則金制度”が適用されず、検挙されれば刑事事件に発展してしまうことも重要なポイントである。

警音器使用制限違反:2万円以下の罰金または過料

歩行者への注意喚起

歩行者

歩行者に対すして注意を喚起するつもりでベルを鳴らすケースも少なくないと思うが、これも交通違反になる蓋然性が高い。

また、非常に残念なことに、”道を譲れ”と言わんばかりに歩行者にベルを鳴らし進路を譲らせている自転車すら存在するが、これも言語道断である。

安全の確保のためと思ってベルを鳴らしている人にとっては理解し難いことであると思うが、法律の解釈上は、やはり交通違反なのだ。

というのも、自転車は車両であり、”車両は車道を通行しなければならない”という大原則があるのだ。

よって、自転車で歩道を走行中、歩行者に対してベルを鳴らしたとすれば、それ以前に交通違反を犯していることを理解しなければならない。

また、例外として、自転車で歩道を通行することが可能な場合もあるが、やはり歩行者を優先しなければならないことが決められている。

ベルを鳴らす行為が違法でるだけでなく、歩行者に道を譲らせる行為そのものが交通違反であることを覚えておいて欲しい。

歩行者が車道を通行している場合

歩道と車道が区別されている道路においては、歩行者は歩道を通行しなければならないことが決められている。

では、歩行者が車道を歩いている場合にはベルを鳴らしてもよいのかと言われれば、単純にそうだとは言えないだろう。

歩道と車道の区別がない道路であれば歩行者が車道を通行することも致し方ないことだし、ベルの使用が危険を防止するためやむを得ない場合以外許されないことが、何よりの根拠だ。

可能であれば、口頭で注意を促すことが望ましいだろう。

”子供達がふざけながら車道の真ん中を通行している場合”などは、ベルを鳴らす正当な理由があるケースと言えるかもしれないが、その判断は非常に難しいところである・・・。

終わりに

自転車のベルを鳴らすことが交通違反になると聞いて驚かれる方も少なくないと思うが、特に、歩行者へに対してのベルの使用は原則として許されないことを理解して欲しい。

自転車も車両であることを忘れずに、歩行者を優先する姿勢こそが、何よりも大切なのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク