事故で点数が加算!? 基礎点数と付加点数の関係を理解しよう!

交通事故

交通違反で検挙されると反則点数が加算されるが、事故を起こすとさらに点数が加わる可能性があることをご存知だろうか。

今回は基礎点数と付加点数の関係について投稿するので、ぜひ最後までお読みいただきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

基礎点数

基礎点数とは交通違反を犯した時に加算される点数のことで、一般的に“点数”や“反則点数”と呼ばれるものである。

この基礎点数の累積が一定に達した場合、免許の停止や免許の取り消し処分を受けることになるが、主な反則行為の基礎点数は下の表にある通り。

反則行為 基礎点数 反則行為 基礎点数
酒酔い運転 35 放置駐車違反(駐停車禁止場所) 3
麻薬等運転 35 放置駐車違反(駐車禁止場所) 2
無免許運転 25 信号無視(赤色等) 2
酒気帯び運転(0.25以上) 25 信号無視(点滅) 2
酒気帯び運転(0.25未満) 13 安全運転義務違反 2
速度超過50km/h以上 12 携帯電話使用等(交通の危険) 2
速度超過30(高速道路40)km/h以上 50km/h未満 6 携帯電話使用等(保持) 1
速度超過25km/h以上 30(高速道路40)km/h未満 3 指定場所一時不停止等 2
速度超過20km/h以上 25km/h未満 2 踏切不停止等 2
速度超過20km/h未満 1 無灯火 1

※ 上の表は主要な交通違反とその基礎点数の一部を抜粋したものだが、その他全ての違反行為の点数については下のリンク先のページを参照されたい。

“刑事・行政・民事” 交通事故を起こした場合の3つの責任と処分とは!?
不本意ながら交通事故を起こしてしまい、これから自身が受ける処分について不安を感じられる方もいると...

付加点数

交通事故を起こした場合には基礎点数に上乗せして点数が加算されるが、これ付加点数と言う。

実際に加算される点数は事故の程度(死傷者の有無や負傷の状態)と運転者の不注意の程度によるが、下の表にある“一方的な不注意”とは相手に全く過失がなく、当該交通事故が運転者の不注意に起因すると判断された場合を言う。

一方、全ての事故原因が運転者の不注意とは言い難い場合には“一方的な不注意以外”の点数が適用される。

事故の程度 付加点数
一方的な不注意 一方的な不注意以外
死亡事故 20点 13点
傷害事故(治療期間が3ヶ月以上もしくは後遺障害が残った場合) 13点 9点
傷害事故(治療期間が30日以上3ヶ月未満) 9点 6点
傷害事故(治療期間が15日以上30日未満) 6点 4点
傷害事故(治療期間が15日未満) 3点 2点
建造物損壊 3点 2点

それでは実際に、“信号無視をして歩行者を跳ね、相手に後遺障害が残る怪我をさせた場合”に加算される反則点数の合計を算出してみたいが、その結果は以下の通り。

  • 基礎点数:2点 (信号無視)
  • 付加点数:13点 (一方的な不注意により相手に後遺障害が残る怪我をさせた場合) 

信号無視に対する基礎点数2点に加えて付加点数13点(一方的な不注意により相手に後遺障害が残る怪我をさせた場合)が加わりその合計は15点だが、前歴の有無に関わらず確実にに免許の取り消し処分が適用される点数だ。

以上のように、交通事故を起こした場合には多くの付加点数が加算され、当事者の免許の効力が停止されたり取り消されたりする可能性があることを覚えておきたいところである。

運転免許の停止・取消し処分になる点数と欠格期間を理解しよう!  
交通違反で検挙された経験をお持ちの方もいると思うが、場合によっては免許の効力が停止されたり取り消...

ひき逃げ・当て逃げへの加算

事故を起こした後、救護処置などの必要な処置を怠った場合にはさらに点数が加算される

ひき逃げに対しては35点、当て逃げに対しては5点が加算されるが、どう言うわけか当て逃げは付加点数、ひき逃げは基礎点数として扱われるようだ。

対象となる行為 加算される点数
救護措置義務違反(ひき逃げ行為) 35点
危険防止等措置義務違反(あて逃げ) 5点

例えば、“赤信号を無視して歩行者を跳ね、後遺症が残る怪我をさせてしまった上に、被害者の救護措置をせずに現場から逃げてしまったケース”で加算される点数は以下の通り。

  • 基礎点数(信号無視):2点
  • 付加点数(治療期間が3ヶ月以上もしくは後遺症が残った場合):13点
  • 救護義務違反による加点:35点   

  合計:50点

点数の合計が50点にも達することに驚かされるが、免許の取り消しはもちろんのこと、6年間の欠格期間(免許を取得できない期間)が適用される。

更に言えば、点数の累積による免許の停止や取り消し処分は行政上の責任を追及されているに過ぎず、当事者は刑事責任や民事責任も負うことに…。

このことからも、悪質な交通違反や交通事故を起こしてしまうと自らも大変な思いをすることをご理解いただけると思う。

終わりに

基礎点数と付加点数の関係をご理解いただけただろうか。

これらの点数加算を受けることがないよう、そして何よりも交通の安全のためにも、普段から安全運転を心掛けよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読まれています。
こちらも読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク