放置違反金って何!? その金額と反則金や罰金との違いは?

放置駐車

交通違反や交通事故を起こした場合、反則金や罰金を支払うケースも少なくないが、その他にも放置違反金なるものがあるらしい。

今回はその金額、反則金や罰金との違いについて投稿したい。

スポンサーリンク

はじめに

はじめに放置駐車違反”について確認しておかなければならない。

ご存知の通り、駐車禁止場所や駐停車禁止場所に車を停めれば駐車違反だが、①駐停車違反と②放置駐車違反のいずれかに該当することになる。

簡潔に言えば、”ドライバーがすぐに車両を移動することができる状態”であれば前者、そうでなければ後者の放置駐車違反に該当すると考えてよいだろう。

駐停車違反の場合、現場に運転者がいるわけだからその場で反則切符が切られることは言うまでもない。

一方、放置駐車違反の場合は、警察官及び委託を受けた民間の駐車監視員により、その車両に放置駐車違反確認標章が取り付けられる。

後日、運転者がこれを持って警察署に出頭する流れだ。

放置違反金

放置違反金とは、放置駐車違反を行った運転者を特定することができない場合、その車の使用者(所有者)に対して課せられる制裁金のことを言う。

例えば、その車を所有するAさんがBさんに車両を貸し出し、Bさんが放置駐車違反を行ったとする。

その後、Bさんが警察署へ出頭しない場合は、違反行為を行った本人を特定できない言うことで、所有者であるAさんの責任が問われるのだ。

そして、Aさんには放置違反金の支払い義務が生じるのである。

この制度は、2006年の6月から運用されているのだが、自動車の使用者の義務を強化することを目的として制定されたことも覚えておきたいところだ。

納付までの流れ

放置駐車車両に確認標章が取り付けられてから約3日経っても運転者が出頭しない場合には、車の所有者に対し放置違反金借納付書弁明書が送付される。

弁明書とは、その名の通り、自らの放置駐車に対する弁明を行うことができるものだが、これが認められれば放置違反金の支払いが免除されるらしい。

弁明書を提出するのが面倒な場合には、一緒に送付される放置違反金借納付書により、違反金を納付してしまえば手続きは完了。

弁明書の提出が行われない場合や弁明書を提出したにも関わらず主張が認められなかった場合には、改めて放置違反金納付命令が出されることになる。

よって、それに従い放置違反金を納付する流れだ。

金額

放置違反金の額は、放置駐車違反の反則金の額と同じである。

ただし、違反行為を行った運転者ではなく、あくまでもその車両の所有者に支払い義務があることがポイントだ。

  大型 普通 2輪 原付
放置違反金 駐車禁止場所 21,000円 15,000円 9,000円 9,000円
駐停車禁止場所 25,000円 18,000円 10,000円 10,000円

反則金との違い

反則金とは、軽微な交通違反を起こした者がこれを納付することで刑事処分を免れることができるものである。

これを支払うのが車の運転者であることは言うまでもないが、車の所有者にその支払い義務が発生する放置違反金との最も大きな違いがここにあるのだ。

また、放置違反金が放置駐車違反に限定して運用されているのに対し、反則金はその他の多くの交通違反に適用されていることも覚えておいて欲しい。

ちなみに罰金であるが、これは交通違反や交通事故が刑事事件に発展してしまい、裁判の後に当事者が受ける刑事罰のことである。

これを支払うということは、懲役刑禁固刑に服する場合同様に犯罪を犯したことを意味し、当事者には前科が付いてしまう。

よって、反則金や放置違反金よりもはるかに重いものなのだ。

納付しない場合

放置違反金支払い命令を無視し放置違反金を納付しない場合には、支払いを促す督促状が送付されることになる。

さらにこれを無視し続ければ、当事者の財産の差し押さえが行われるらしい。

数万円の事案でここまで発展するケースはないように思われるが、滞納者の数は多く、滞納金の額が数千万にも及ぶ都道府県もあるようだ。

それにしびれを切らしてか、差し押さえれれた車両をオークションで競売にかけた自治体もあると聞く・・・。

万が一の場合は、素直に支払うようにしよう。

また、督促状に書かれた期限内に納付が行われない場合は、その車両の車検が拒否されることになる。

この状態を解決するためには、支払いがなされたことを証明する書類を発行してもらう必要が生じるが、面倒なことに発展することは避けられないようだ。

問題点

交通違反を犯し反則金を納付することになった場合、同時に反則点数の加算が行われることが多い。

この反則点数は違反行為ごとに点数が決められており、その累計が一定に達した場合には、そのドライバーの運転免許が停止されたり取り消されたりするものである。

ほぼ全ての交通違反にこの点数制度が適用されているのだが、放置違反金を納付する場合はその限りではない。

反則金はあくまでも交通違反を犯した運転者に対して加算されるものであり、車の所有者がその責任を負う放置違反金には適用することが不可能だからである。

このことが難しい状況をつくり出しているのだが、放置駐車違反を行った運転者と車の所有者が同一人物である場合は面白いことになってしまう。

当事者には、①運転者として出頭し反則金を納付する、②出頭せずに車の所有者として放置違反金を支払うと言う2つの選択肢が発生するのだ。

実際には、前者を選択する場合と後者を選択する場合の割合は3:7らしい。

いずれのケースも支払う金額は同じなのだが、放置違反金を支払う場合には反則点数が加算されないことがその大きな理由である。

”放置駐車違反を行っても出頭しなければ点数が加算されない”と言う一種の抜け道が存在するのが現状なのだ。

終わりに

本投稿を通じ、放置駐車金についてご理解いただけただろうか。

様々な制裁金制度が存在する我が国の交通事情ではあるが、何よりも、周囲の交通にとって迷惑な行為を行わないように心がけよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク